--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018.03.10

マルティニークとグアドループで出会った生き物たち

マルティニークとグアドループで出会った生き物たち。

マルティニークを代表する鳥、ハチドリ。
いろんな場所でお目にかかるも、小さく素早いのでなかなかカメラに収まってくれない。
動画から切り取りました。
 29101086_1069196003222058_3421331514654624513_n.jpg 29027700_1069196019888723_2033719912766518549_n.jpg
ヒョウモンチョウとモンキチョウの仲間かな?
蝶の出会いは意外と少なかったです。
 29066707_1069196046555387_3566215779946530835_n.jpg 29062676_1069196039888721_1753111037675998353_n.jpg
一番よくお目にかかったのは緑のトカゲ。
いつでもどこでも出迎えてくれました。
イグアナにも会えたのですが、写真は撮れませんでした。
 28952063_1069196253222033_8732329736343075321_n.jpg 28959212_1069196133222045_8577367474956071574_n.jpg
部屋の壁に張り付いていたヤモリとカエル。
 29062641_1069196093222049_9109344347914916297_n.jpg 29067291_1069196089888716_6298222713777575699_n.jpg
大きなカエルとスズメガ。
 29027699_1069196129888712_8469160353410810387_n.jpg 29027563_1069196166555375_6202759239872713095_n.jpg
大きなオカヤドカリにも出会えました。
食べられるか尋ねたら、「食べたことない」と言われました。
 29026075_1069196183222040_3165383233502102975_n.jpg 28958387_1069196223222036_7090336073325999559_n.jpg
ペリカンの魚とりのシーンにも出会えました。
 29067010_1069196226555369_2722058607237299097_n.jpg  28378529_1063932157081776_4610434040016986541_n.jpg
ツユムシの仲間かな?
車に写るヤシの葉影が南国を感じさせます。
 28958656_1069196273222031_6953583691217149060_n.jpg 28959419_1069196299888695_8035843987666454866_n.jpg
スカシカシパンとシラヒゲウニ。
 29178148_1071788302962828_5713890548396149555_n.jpg 29196241_1071788306296161_916883059443228306_n.jpg
マルティニーク初日の朝、みんなで散歩したマリーナで発見。
後で調べたらガンゼキボラらしい。
逃がしてあげたけど、ゆでて食べたらとてもおいしい貝らしい。
 29196885_1071788342962824_6801083886369358373_n.jpg 29178992_1071788356296156_6859787668283502606_n.jpg
Posted at 07:55 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2018.03.09

パリの散歩道

マルティニークからの帰り道。
パリで12時間待ちということで、随分長い飛行機旅となった。
20年程前に約一か月滞在したGoncourtからBelleville あたりを散歩する。
 29027501_1069209493220709_7655169188187752665_n.jpg 29027937_1069209466554045_8576741285338347817_n.jpg
 29025613_1069209413220717_5932822277674019148_n.jpg 29101778_1069209409887384_8812263180762642668_n.jpg
 29027119_1069209416554050_7433366547895875814_n.jpg 29062634_1069209469887378_8817612645044723424_n.jpg
 29025460_1069209473220711_2010806586147876936_n.jpg 29104037_1069209533220705_5633731235681388125_n.jpg
 29027829_1069209546554037_1219978288896005694_n.jpg 29028120_1069209583220700_3138016882624199690_n.jpg
 29025534_1069209613220697_6797247142185883489_n.jpg 29062759_1069209579887367_5398338054612419897_n.jpg
 28959004_1069209619887363_9188113411312020930_n.jpg
懐かしい記憶がよみがえる。 
Posted at 07:15 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2018.03.06

ペレー山

マルティニークの最高峰、ペレー山へ。
29062630_1069202246554767_7319770379192596602_n.jpg 29026515_1069202279888097_5133951162582901331_n.jpg
標高1397メートル。
 29104081_1069202253221433_4949610954615831237_n.jpg 29066542_1069202263221432_3900135732273214648_n.jpg
1902年の大噴火で三万人の命を一瞬で奪った魔の山とほとても思えない、静かで美しい山。
 29103900_1069202286554763_2388544117374887390_n.jpg 29101187_1069202309888094_6953775216444008858_n.jpg
 28952065_1069202323221426_9002218025451834734_n.jpg 28959043_1069202359888089_6759123827401853981_n.jpg
 29133806_1069202383221420_2987602926181451817_n.jpg 29066818_1069202379888087_2107362514427029374_n.jpg
 29103824_1069202376554754_4697357819304852671_n.jpg 29067177_1069202426554749_5627001865373868494_n.jpg
 28958389_1069202443221414_3586956196382282219_n.jpg 29027864_1069202439888081_1472649483362281216_n.jpg
 28951827_1069202459888079_91394334088584283_n.jpg 29027101_1069202486554743_7818887258804350346_n.jpg
Posted at 07:44 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2018.03.02

ペリカンの魚とり

マルティニーク、バス・ポワントにてペリカンの魚とりに遭遇。

 28575703_1063931953748463_4313601126221154748_n.jpg 28575882_1063931977081794_8400099257350442979_n.jpg
 28378213_1063932017081790_7384776495507891034_n.jpg 28685942_1063932057081786_7465905579832345911_n.jpg
 28468406_1063932093748449_1660334038532137036_n.jpg 28575941_1063932130415112_3348700515183298897_n.jpg
 28378529_1063932157081776_4610434040016986541_n_2018031508544371a.jpg 28577185_1063932213748437_1878643001648386483_n.jpg
 28467645_1063932247081767_2294364407429654890_n.jpg 28660354_1063932280415097_3298096065862787298_n.jpg 
 29178807_1071789129629412_1924957318886518114_n.jpg 29197006_1071789142962744_2788441028386911209_n.jpg
Posted at 20:50 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2018.03.02

バス・ポワント風景

楽しかったマリー・ガラント島、四日間のスケジュールを終え、マルティニークに戻ってきた。
北部の町、バス・ポワントへ。
 28471866_1063910257083966_5230060231314047679_n.jpg 28576893_1063910287083963_8721767507703394119_n.jpg
幾度となく散歩した道だが、歩くたびに新たな発見。
 28576876_1063910320417293_6696292340595505959_n.jpg 28378273_1063910417083950_1411674723822535875_n.jpg
車の上のツユムシ。ヤシの木陰が熱帯を感じさせる。
 28379085_1063910363750622_4279450036424510201_n.jpg 28379038_1063910383750620_2059187388676225470_n.jpg
ビーチの続く南部と違い、マルティニーク北部の海は荒い。
津波注意の案内もある。
  28468514_1063910503750608_5022639922429782106_n.jpg 28468140_1063910523750606_7090766800608040935_n.jpg
古く朽ち果てた教会。
 28379725_1063910570417268_3020053852967615000_n.jpg 28661285_1063910460417279_7517774102653162636_n.jpg
向こうに見えるはドミニカ。 
 28471912_1063910600417265_503528110312354400_n.jpg 28783179_1063910620417263_8636333229572174456_n.jpg
 28471943_1063910647083927_4947910508286977740_n.jpg
Posted at 20:38 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2018.02.26

特別授業 日本とマリー・ガラントをつなぐもの

フランス海外県グアドループのマリーガラント島での特別授業、無事終了。
 28276520_1062698003871858_4080902901865413280_n.jpg 28278982_1062698023871856_2907102888474774957_n.jpg
1時間 × 5回のプログラム、ホームステイ先の子供たちと一緒に歌って遊びながら考えた。
 29104063_1070615826413409_4869696980691531968_n.jpg
五回の授業内容はほぼ同じ。
6歳から12歳、それに支援学級と、本当は内容を変えていくのがいいのだろうが、さすがにそこまでの余裕がない。
つたないフランス語でうまく伝わらない部分がいっぱいだったと思うが、その辺りの表現は、クラスの先生がフォローしてくれた。
自己紹介の後、日本と京都のことを説明、京都の歌紹介で「八幡の子守唄」を聞いてもらう。
メインは、マルティニークの高校生たちとも歌った「大きな歌」。
少しだけ歌詞カードを作って内容を説明、日本語の発音練習した後、一緒に歌う。
 28379703_1062698777205114_2702873719956014309_n.jpg
みんな真剣に聞き、そしてすぐに歌についてきてくれる。
 28378711_1062698937205098_6699352970590818662_n.jpg
すばらしい。
次いで子供たちにグアドループの歌を聞かせてもらう。
日本の歌を1〜2曲聞いてもらったり、ギターに触ってもらい一緒に鳴らしてみたりしながら残り時間を調整。
最後は、鈴やマラカスや太鼓なとを自由に鳴らしてもらい、「オー、シャンゼリゼ」の替え歌で「オー、マリーガラント」。アドリブの日本語歌詞で途中まで歌い、リフレインのところはフランス語。シャンゼリゼをマリーガラントに置き換え、大合唱で無事終了。
どうなることか心配していたが、あっという間の充実の5時間だった。
 29187208_1071857302955928_3263215542383006018_n.jpg

Posted at 23:09 | 音楽 | COM(0) | TB(0) |
2018.02.25

マリーガラント島 Marie-Galante 海

マリー・ガラント島、スケジュールの合間に訪れたビーチはとんでもなく美しかった、
ヤシの木の下でギターを楽しむ。
 28378364_1063736930434632_4085358561388825563_n.jpg 28467713_1063738730434452_5309150718708863240_n.jpg
透き通った水と心地よい風。
 28378693_1063739047101087_8231707423824038378_n.jpg 28471876_1063739887101003_2878128061494164931_n.jpg
どこまでも青く澄んだ海に強い日差し。
 28576906_1063739080434417_8910110937354689178_n.jpg 28471216_1063740090434316_7397633661959030325_n.jpg
向こうに見えるはドミニカ。
 28279962_1063740033767655_8424734374413544356_n.jpg 28379456_1063740043767654_3249904983593480964_n.jpg
昼寝最高。
日本は真冬というのが申し訳ない気分。
 28576914_1063740153767643_3115292040431488624_n.jpg 28576469_1063740180434307_816534408490766078_n.jpg
Posted at 21:59 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2018.02.24

いざ、マリーガラント島 Marie-Galante へ

マルティニークを離れ、カリブ海のもう一つのフランス海外県グアドループGuadeloupe へ。
 28472165_1062537827221209_726547697740474527_n.jpg
小さなプロペラ機だ。
 28468489_1062537867221205_5212338054936372383_n.jpg 28279017_1062537910554534_6038699431644072655_n.jpg
教会前の広場ではストリートミュージシャンたちが素敵なリズムの太鼓とともに歌っている。
  28276984_1062538040554521_2597121372897305176_n.jpg 28377720_1062538010554524_584970170402264997_n.jpg
美しいビーチに行き、昼食はタコカレー。
 28378351_1062547677220224_2868527973395887577_n.jpg 28378262_1062538090554516_477440526203058504_n.jpg
そこからさらに離島のマリーガラント島Marie-Galante に船で渡る。
マリーガラント島ではすてきなプログラムが待っていて、その主催者の友人宅にホームステイ。
 28279401_1062544210553904_5487563799633295080_n.jpg 28660783_1062544313887227_1616975251892809458_n.jpg
マルティニークと違い、離島ならではのゆったりとした時の流れがとても心地よい。
 28377517_1062543867220605_2480474159068139665_n.jpg 28278984_1062544107220581_1145610100973312142_n.jpg
ここでの我々日本人3人は、島の小学生向けに特別授業をする。シホさんは折紙教室、サラさんはスケッチ教室、そして僕は音楽教室。
6歳児のクラスから12歳までの各クラスと、支援学級、一日中みっちりのプログラムだ。
 28576041_1062544403887218_7277212008767829038_n.jpg
ひとクラスあたり約20人の生徒と先生を前に、通訳なしで、一人で1時間のプログラムを計5回。日本の歌をみんなで楽しもうということだが、果たしてどうなるやら・・・⁇
Posted at 23:25 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2018.02.23

マルティニークで「八幡の子守歌」

三日間続いたマルティニークでのインターンシップ合同説明会は大盛況で無事終了。
 28468111_1061580393983619_5905116297907332853_n.jpg 28379741_1061580367316955_2518671301552420176_n.jpg
本当にたくさんの若者と出会える貴重な体験だった。
終了後の関係者の打ち上げレセプション。
 28279887_1061580883983570_3791608885152110389_n.jpg
バンド演奏の後、アートスクールの学生たちのファッションショーが始まる。
 28168338_1061580447316947_3005281900506375646_n.jpg 28059447_1061580767316915_4724330423495135882_n.jpg 
 28167856_1061580567316935_2815346343818867233_n.jpg 28167124_1061580527316939_2852874292885625223_n.jpg
ヘアスタイル、衣装、モデルとも全て学生たち。美しさに圧倒される。
 28167926_1061580587316933_6652347087602601468_n.jpg 28276292_1061580623983596_8387837007827347355_n.jpg
 28377941_1061580690650256_8793986345758333869_n.jpg  28472217_1061580820650243_5170684047453235498_n.jpg

28167193_1061580460650279_4239889713904520465_n.jpg 28276711_1061580817316910_6395191432943627335_n.jpg
最後に主催者の挨拶、「はるばる遠く日本から来てくれたメンバーを紹介します」と呼び出され、飛び入りで歌うことになる。
予想外の流れに戸惑いながらも、地元バンドのギターを貸してもらい、「京都から来ました。京都の古い歌を歌います」と選んだのはや「八幡の子守唄」。
 29066800_1070713216403670_247343470685853718_n.jpg 29103930_1070713219737003_4925664255515926279_n.jpg
これも国際交流 ‼︎

Posted at 22:02 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2018.02.23

海を渡った「大きな歌」

今回のマルティニーク訪問のメインイベントの一つ、マルティニーク友好協会の活動紹介のブースに3日間の参加。
 28468111_1061580393983619_5905116297907332853_n.jpg
地元の高校生たちと日本についての話をする。
あまりにも遠いこの地だが、日本に対する関心は意外にも強い。次々と若者たちがやってくる。「マンガ」大好き、「ありがとう」「こんにちは」と言える人も多い。
 28379741_1061580367316955_2518671301552420176_n.jpg
「どこで日本語を覚えたの?」と聞くと、マンガとインターネット。こちらでは学校や教室はなく、みんな個人で勉強しているという。すごいことだ。
何か日本の歌を聞かせてほしいと言われ、「八幡の子守唄」を歌う。
みんなで歌えるかもしれないと、「大きな歌」を試してみると、ついてきてくれた。
Posted at 09:53 | 音楽 | COM(0) | TB(0) |
PAGE TOP↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。