FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.15

観阿弥の生きた時代

「劇団わらび座」が劇団創立60周年記念作品として、観阿弥の人生をミュージカル化した歌舞ロマン「カンアミ伝」の公演を行い、5月22日(土)、23日(日)には京都で全国公演初日を行う。
http://www.warabi.jp/kan-ami/

そのプレイベントとして学習会「観阿弥の生きた時代」が2月20日(土)に京都教育文化センターで開催される。
内容は、劇団わらび座の椿康寛氏と関西勤労者教育協会講師の中田進氏の講演を中心に、学習と交流の場にしていこうというもの。

学習会を主催しているミレー学校のNさんから、そのプレイベントのみんなで歌うコーナーのギター伴奏を頼まれた。
とても興味深い内容で二つ返事で了解、楽しみである。

File0119.jpg  
学習会「観阿弥の生きた時代」
日時:2010年2月20日(土)18時~
場所:京都教育文化センター 
   〒606-8397 京都市左京区聖護院川原町4-13 TEL 075-771-4221 
   http://www2.odn.ne.jp/kyobun/
内容:椿康寛(劇団わらび座)
    「観阿弥・世阿弥は今も私達の生活の中に生きている」
   中田進(関西勤労者教育協会講師)
    「中世という時代について」
参加費:1000円(お茶・コーヒー・菓子・資料代含む)
主催:ミレー学校事務局
kyobun_1.jpg

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://onajitokiwosugoshi.blog122.fc2.com/tb.php/8-8a11f9be
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。