--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.04.29

春の瓜生山

今日は素晴らしくいい天気。
こんな日は近くの山に行って来よう。
というわけで出かけたのは瓜生山。

北白川仕伏町のパブテスト病院の裏手から山道に入っていくと、まずトラフシジミさんが出迎えてくれる。
その名の如く虎斑模様がかわいい。
   002_20120429225337.jpg
ハンミョウさんも道案内に現れてくれてしばらく後をついていく。
近づくと1~2メートル先まで飛んでいき、地面に止まると早くおいでと振り返る。
一歩二歩と近づいていくとまた少し先まで飛んで行ってふり返る。
春の日差しの中、キラキラ光る姿はとても美しい。
   005_20120429225336.jpg   007_20120429225337.jpg
キラキラ光るといえばおなじみのウラギンシジミさん。
銀紙のような翅を拡げると鮮やかな朱色。
北杜夫の「幽霊」という作品の中でも印象的な輝を放っていた・・。

ここで一番よく見かけるのはテングチョウさんでしょう。
東部の先が天狗の鼻のようにとんがっているのでその名がついている。
その名前から結構大きな蝶のように思っていたのだが、意外にも小さく翅を閉じると枯葉のような色ということもあってとても地味なチョウなのである。翅を広げると褐色と朱色の斑紋がきれいなんだけど・・・。

山頂付近でギフチョウさんに会えたのは10年ほど前、それ以来毎年春に来たのだがずっと見かけることがなくなってしまった。
やはりここも住処でなくなってしまったのか?
どこかで生き続けていることを望みたい。

ここはチョウの採集では有名な場所なのか、今日も長大な撮虫網をセッティングした大学生のグループが山頂付近にいたが、この日ばかりはギフチョウさんが出てこないことを望んでしまうへそ曲がりの自分がそこにいた。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://onajitokiwosugoshi.blog122.fc2.com/tb.php/347-61e67740
この記事へのトラックバック
今日は素晴らしくいい天気。 こんな日は近くの山に行って来よう。 というわけで出かけたのは瓜生山。 北白川仕伏町のパブテスト病院の裏手から山道に入っていくと、まずトラフシジミさんが出迎えてくれる。 その名の如く虎斑模様がかわいい。    ハンミョウさんも道案?...
まとめtyaiました【春の瓜生山】 | まとめwoネタ速neo at 2012.05.02 15:38
この記事へのコメント
がじゅまるさん、こんにちは。

いつもの自然観察は素晴らしいですね!
また、地域散策・旅行記もこれまたいいでね!
よく空いた時間にプラット、ドライブすることで気分転換を図られているのでしょうね!

5月12日のコンサート成功、東京から製塩送っています。


話はちょっと違って、私もデイケアの演奏ボランティを始めましたが、伴奏もおぼつかず大汗を掻きました。(笑)
是非ご伝授願いたいものです。
Posted by タウン・ワンダー at 2012.05.08 11:54 | 編集
>タウンワンダーさん
いつもコメントありがとうございます。
コンサート、いよいよ明日になりました。
皆さんに想いを伝えたいです。

演奏ボランティア、ライブとまた違っていろいろ考えさせられることが多いですね。
お互い頑張りましょう。
Posted by がじゅまる at 2012.05.11 08:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。