2012.04.24

すみれでの日々

大学を出た後、大阪市城東区にあった市民生協に就職することになった。
丁度その頃、「うたの宿」というイベントに参加した時に、民唄開拓舎のメンバーから、その地域には「すみれフォーク村」というのがあるから顔を出してみたら・・と紹介された。
そしてメンバーの一人と連絡を取り、練習場所に出かけ即加入、京都の生協に移るまでの1年半という短い期間であったが、彼らとともに過ごしてきた。
リーダーでフラットマンドリンのKさん、ギターとベースのTさん、ベースとドラムのUさん、キーボードのU夫人、ボーカルのT夫人とYさん。そして僕の職場から無理やり引っ張りこんだS君。
京都に戻ってからは次第に疎遠になってしまってはいたが、何曲かのすみれのオリジナルソングは大切に思い、時々は歌ったりもしていた。
昨年の事、Tさんから電話連絡があり、リーダーのKさんの訃報。
いろいろなことがよみがえる。
偲ぶ会をしなくてはと言いながらも日は過ぎていく。

一昨日のハリーナ歌フォー酒場に懐かしい顔があった。
T夫妻が駆け付けてくれたのである。
Tさんに会うのは5年前の中之島祭りでばったり出会って以来、奥さんとは20年ぶりくらいかな?
彼らにぜひ聞いてほしいという思いで歌ったのはすみれのオリジナルソング「生きているなら」。
T夫妻も飛び入りで「小さな心に」を歌ってくれる。
若い頃に一生懸命練習を重ねた曲は、月日が流れても不思議に覚えているものだ。
3人で演奏していたらすっかりすみれフォーク村に戻ったような気分になっていた。

すみれはKさんが亡くなった後もT夫妻を中心に時々出演活動をしているそうだ。
また大阪にも行くよ。
Kさんの偲ぶ会もしなくちゃね。

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://onajitokiwosugoshi.blog122.fc2.com/tb.php/346-9c6b072b
この記事へのトラックバック
大学を出た後、大阪市城東区にあった市民生協に就職することになった。丁度その頃、「うたの宿」というイベントに参加した時に、民唄開拓舎のメンバーから、その地域には「すみれフォーク村」というのがあるから顔を出してみたら・・と紹介された。そしてメンバーの一人と...
まとめtyaiました【すみれでの日々】 | まとめwoネタ速neo at 2012.05.02 15:39
この記事へのコメント
先週の歌フォー酒場の演奏とっても懐かしかったです。
(泣けるほど、、)昔の演奏活動がよみがえってきました。
今度昔の仲間をつれていきたいね、
カモトさんの偲ぶ会5月13日(日)の夕方で計画中です。
ぜひ参加してください。昔の仲間と演奏できたら
カモトさんも近くできっと見ていてくれると思います。
決定してませんが、また連絡します。
Posted by すみれフォーク村 at 2012.04.24 09:19 | 編集
ありがとう。
卒業してからもずっと音楽を続けていくきっかけを作ってくれたのが、すみれフォーク村でした。
参加していた期間は短かったけど、とてもいい時を過ごさせていただいたと思います。
偲ぶ会はぜひとも参加させていただきたいと思います。
よろしく。
Posted by がじゅまる at 2012.04.24 22:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する