--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.07.27

三線の復活

初めて沖縄に行ったのは1990年頃。
屋那覇島という小さな離島で一週間ほど過した後、帰りに那覇に立ち寄って三線を探し求めた。
国際通りから外れて、安里というところに小さな工房があり、おじぃが奥に座って作業をしている。
そこで話を聞き、いろいろ見せてもらって買い求めたのがこの三線。
   IMG_0242.jpg
帰ってからしばらくは弾いていたのだが、数年前に皮が破れてしまった。
修理に出すのも大変だし、費用もかかる。
結局ずっと放置したままになっていた。

最近職場の近くに沖縄料理店がオープンし、三線弾きでもあるマスターと話しているうちに、この破れた三線の話題になった。
修理できるのか再生可能なのか見てくれるとのことで、昨夜持って行く。

張り替えは難しいが、胴ごと取り換えたら何とかなりそうとのこと。
使用していない胴が余っているので、とりあえずはめてみようと、解体して付け替えてみる。
破れたのは本皮だが、こちらは人口皮。
      IMG_0240.jpg
なんとあつらえたかのようにピッタリ。
   IMG_0243.jpg
次いで胴巻きの付け替え。
   IMG_0244.jpg
無事再生。
   IMG_0246.jpg
マスターの好意に応えるためにも、ちゃんと練習してきちんと弾けるようにならねば。


スポンサーサイト
Posted at 17:51 | 音楽 | COM(0) | TB(0) |
2013.07.25

キマダラカメムシ 南の国からやってきた外来昆虫

今朝出かけようと自転車置き場に行くと、見慣れない大きなカメムシがいた。
   DSCF9650 (2)
黒に黄色い斑点。初めて見たような気がする。
   DSCF9650.jpg
名前もわからなかったのでカメラに収めて帰って来てから調べることにする。

キマダラカメムシ。
   DSCF9652.jpg
これもまた最近急速に生息域を増やしている温暖化の申し子らしい。
元々は南方系の外来種で、1770年代に長崎の出島で生息が確認され、地球温暖化などにより近年分布を広げており、2006年には岡山県で確認され、その後も急速に分布を拡大し、2010年には東京、2011年には愛知県でも生息が確認されたとのこと。
初めて確認されたのが第10代将軍徳川家治の時代。
発見場所が長崎出島というのも面白い。
それから250年も過ぎてから急激に増えてきたのもいろいろ考えさせられる。
   DSCF9653.jpg
今回、こうして珍しいカメムシがいるなあと思ったが、2~3年もすればどこでもお目にかかる事になるのかもしれない。

Posted at 22:23 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2013.07.24

ライブスタジオ58「命どぅ宝 チャリティライブ」

7/21(日)は山科ライブスタジオ58「命どぅ宝チャリティライブ」に飛び入り参加。
   969355_274668619341471_737507830_n.jpg
マンドリンの津越さんが来ていたので、一緒に出てもらう。
   CIMG3254.jpg
実は一緒に演奏するのは5年ぶり。
アフターライブセッションも盛り上がっていた。
   1079408_389245127843728_1704568896_n.jpg   1059874_389245467843694_1984991236_n.jpg
写真はきゅーちゃんと58さんのページからお借りしました。
Posted at 07:06 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2013.07.21

御手洗祭

参院選、投票を済ませるとその足で下鴨神社へ。
まだ朝のうちだというのに、たくさんの人たちが来ている。
水は冷たくいい気持。
   IMG_0227.jpg   IMG_0232.jpg

ローソクをそなえて、最後に御神水をいただく。、
   IMG_0224.jpg   IMG_0230.jpg


Posted at 14:06 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2013.07.20

京都御苑 コゲラ~小さなキツツキ

春に花見に出かけた京都御苑内の桃林。
きれいに咲き乱れていた花も今では小さな実に変わっている。
   DSCF9642.jpg   DSCF9640.jpg
小さなセミの抜け殻。
   DSCF9646.jpg   DSCF9648.jpg
多分、ニイニイゼミだろう。
今日の御苑では、クマゼミ、アブラゼミに混じってニイニイゼミの澄んだ声も聞こえていた。

そこへ飛んできたのは小さな鳥。
   DSCF9639.jpg
コゲラという名の日本にいる最小のキツツキ。
黒白のまだら模様が美しいのだが、近寄れずいい写真が撮れなくて残念。

御所は身近な場所だけど、じっくり歩けばとても面白い。
Posted at 23:43 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2013.07.20

京都御苑 ムラサキシジミとヒメウラナミジャノメ

散歩を続けているとまた何かが飛んでくる。
小さなジャノメチョウの種類だが動きが早く確認できない。
止まった瞬間にカメラに収めてじっくり確認。
   DSCF9614.jpg
ヒメジャノメかと思ったのだが、後でヒメウラナミジャノメと判明。
ジャノメ模様がくっついていることと波目模様があるのが決めて。
ジャノメチョウの仲間は地味なものが多く、種の判別がなかなか難しい。

下立売御門の近くで青くキラキラ光るチョウに出会う。
枯葉に紛れてしまう、こんなに地味な茶色のチョウなのに
   DSCF9632.jpg   DSCF9636.jpg
翅を広げるとなんとも美しいムラサキシジミでした。
   DSCF9637.jpg   DSCF9638.jpg

Posted at 22:55 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2013.07.20

京都御苑にて ツバメシジミとヤマトシジミ

今日も暑い一日。
ふらりと御所に出かける。
樹下は涼しい。
散歩していると足元を可愛いチョウが飛び回っている。
   DSCF9610.jpg   001_20130720215232.jpg
薄青紫色の小さなチョウ。
後翅にある小さな突起が目印のツバメシジミだ。
   DSCF9611.jpg   DSCF9607.jpg
スワロウテイル(燕尾)といえばアゲハチョウの事をさすが、このツバメシジミも小さいながら立派なスワロウテイルを持っている。

しばらく追いかけていると、別のチョウもやって来た。
こちらはヤマトシジミ。
ツバメシジミと違って、後翅の突起とオレンジ色の斑紋がないのですぐ区別できる。
   DSCF9612.jpg



Posted at 22:17 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2013.07.19

クマゼミ

セミが鳴いている。
しゃあしゃあと。
今朝も早くからやかましい。
いつ頃からだろう。
急に増えてきた透明な翅の黒い蝉。

僕らが悪ガキだった頃、セミといえば茶色い翅のアブラゼミやくすんだ灰茶色のニイニイゼミであった。
彼らは割と低い場所にとまっていて、のんびりと警戒心も弱く手で簡単に捕まえられた。
透明な翅をもつ幾種類かのセミは鳴き声は聞こえても、数も少なく、高いところにいたり動きがすばやかったりで、なかなか捕まえられず、あこがれのセミであった。
とりわけクマゼミは大きくて姿かたちも立派で、捕りたくて仕方なかった記憶がある。

ところがどうだろう。
今うちの団地の木々にはクマゼミだらけ。
ここに越してきた頃はアブラゼミばかりだったのが、ここ数年はクマゼミの勢いに完全に押されてしまっている。
   006_20130718235917.jpg   008_20130718235916.jpg
朝、出かけようとするとエレベータのすぐわきに一匹。
   004_20130718235915.jpg   010_20130718235914.jpg
おはよう。

帰り道、御所を通り抜けると梨の木神社でヒグラシの声を聞いた。
今年初めてかな?
Posted at 00:02 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2013.07.17

雨の合間の深泥池 その②

日曜日、雨の合間に訪れた深泥池。
明るく光る湖面にはたくさんのトンボたち。
チョウトンボ。
   DSCF9587.jpg   DSCF9580.jpg
オオシオカラトンボ。
   DSCF9588.jpg   DSCF9581.jpg
写真は撮れなかったけど、ギンヤンマ、ショウジョウトンボ、シオカラトンボ、キイロイトトンボなど。

トンボたちを追いかけていたらベニシジミもやってきた。
   DSCF9582.jpg   DSCF9583.jpg
   DSCF9585.jpg   DSCF9586.jpg
Posted at 08:00 | 雑録 | COM(2) | TB(0) |
2013.07.15

ムギワラトンボ

あわしま堂の駐車場でムギワラトンボが休んでいた。
   IMG_0201.jpg
シオカラトンボは羽化した時、まずムギワラトンボとして出現する。
そのムギワラトンボのうち、オスは成熟してくると灰青色に変わっていくのでシオカラトンボと呼ばれている。
つまり最初はすべてムギワラだったということだ。
そしてまれに、成熟してもシオカラにならないオスや、シオカラになるメスもいるらしい。
正式名称はシオカラトンボであり、ムギワラトンボというのは俗称らしいが、これらの事を考えるとムギワラトンボの方が正式名称にふさわしい気もする。
   IMG_0200.jpg   IMG_0202.jpg
Posted at 20:51 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2013.07.15

和菓子の工場直売

用事で伏見に出かけたついでに、横大路のあわしま堂の工場へ行ってきた。
   IMG_0199.jpg
5月に行った時には直売所が二か所あり、セルフの無人販売だったのだが、いつの間にか一か所に統合されて小さな店舗となり販売員がレジを打っていた。
http://onajitokiwosugoshi.blog122.fc2.com/blog-entry-501.html
スーパーなどでおなじみのあわしま堂のお菓子、ここでは余剰生産品を破格値で販売している。
工場直売なので安心できるし、とにかく安いのだ。
くず餅4個パックが20円、桜餅4個パックが30円、赤飯おはぎ6個パックが50円、個包装のお饅頭がよりどり3個100円・・・。
値段につられてうっかり買いすぎないように注意しながら商品を選んでいく。
それでも15点ほど買ってしまったが、合計620円。
   IMG_0210.jpg
帰る途中で赤飯おはぎは食べてしまい、帰ってから残りを机に並べてみる。
   IMG_0206.jpg
さて、次は何から手を付けようかな?

Posted at 20:20 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2013.07.15

雨の合間の深泥池

昨日も激しい雨が降ったりやんだり。
昨日はたくさんのトンボたちが湖面を舞っている。
まず迎えてくれたのはチョウトンボ。
黒い翅でひらひらチョウのように舞う。
角度によって黒く見えたり蒼く見えたりとても美しい。
004_20130715091708.jpg   005_20130715091708.jpg
たくさん種類ののトンボに出会えたのだが、なかなかいい写真が撮れない。
アイフォンを持ち構えて、トンボたちが湖畔で近寄ってくるのを待っていたら、足元でなにかがごそごそ。
ショウリョウさんこんにちは。
   001_20130715091707.jpg   002_20130715091706.jpg


Posted at 09:27 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2013.07.14

ハリーナ歌フォー酒場のタヒチ娘?

昨夜のハリーナ歌フォー酒場、ウクレレユニット「ケイオン女子」も参加するということでタヒチアンウクレレを持って行く。
ハワイアンの小さなウクレレから、初めて見たというタヒチアンに持ち替えたケイオン女子たち、すっかりご満悦。
   a042.jpg   a014.jpg
重たいねと文句を言いながらも、しばらくパラパラ楽しそうに弾き、本番でもいきなりの使用。
   a022.jpg
ハワイアンとタヒチアンのアンサンブルが美しくより明るい音色が響き渡っていた。
Posted at 09:08 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2013.07.14

アコシャンで七夕ライブ

もう一週間もたってしまったが、先週の土曜日はアコシャンでオイワとのライブ。
   1044187_4858377749733_272912536_n.jpg
オイワとは長い付き合い、ライブも何度も一緒にやって来たけど、こうして二人だけでのがっぷり四つというのは初めてのような気もする。
   993077_4858495832685_1348511009_n.jpg
若い頃に知り合い、同い年ということもあって、とてもいい刺激を受けながら今日まで続けていく事ができた。
これからもよろしく。

写真はアコシャンのヨーコさんからお借りしました。
Posted at 08:41 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。