--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.11.28

連休の中日

金曜日は亀岡の玉ちゃんのところで飲み明かし、土曜日は遅い朝食を頂いてから解散。
しかし、5時過ぎまでギターをいじりながら飲んでいたのに、10時には全員集合。
年齢とともに朝は強くなっているような気がする。

昼過ぎに京都に戻って船岡山へ直行。
北ふれあいグループの歌の練習に参加。
課題曲を歌った後は、参加者のリクエストに応えながらみんなで歌っていく。
いつもは障害者スポーツセンターで練習しているのだが、こうして野外でうたうのもいい。
少し寒いが紅葉の中とてもいい気持ち。
歌った後は野外活動ということで、近くの今宮神社であぶり餅を食べ、高桐院の散紅葉を見る。
   024_20121128005720.jpg   028_20121128005719.jpg
   033.jpg   036.jpg
   037.jpg   038_20121128005715.jpg
解散後はキッチンハリーナの歌フォー酒場へギター伴奏に行く。
いつものおなじみのメンバーに交じって、とても楽しそうにしている人がいる。
「何か歌いますか?」と尋ねると「竹田の子守唄」をリクエスト。
キーを合わせて伴奏を加えて歌ってもらう。
後で話を聞くと、高知からの旅行者で、京都で何か面白そうなところはないか検索してやってきたのだという。
こうした出会いも面白い。

スポンサーサイト
Posted at 00:59 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2012.11.26

うたの里の仲間と

金曜日、「楽団いのちの詩」のライブの後、メンバーと話す間もなく急いで会場を後にし山陰線の円町駅まで自転車を飛ばす。
午後6時から亀岡の玉ちゃんのところで開催されるライブイベントに参加するためである。

今回主催者の玉ちゃんとの付き合いは長い。
京都にある大学に入り、音楽を始めてわけが分からないまま「京都フォークソング連絡会議」というものに参加。その時に副議長、翌年から議長を務めていたのが玉ちゃんである。
その後、玉ちゃん夫妻と、後に「カップオブサン」というお店を始める大城夫妻と僕でニッティ・グリッティ・ダート・バンドみたいなのを演ろうと「古時計ダート・バンド」というのを始める。このバンドは次第に人数も膨れ上がり、僕が抜けた後「おこしやす古時計ダートバンド」に発展していった。
バンド解散後は玉ちゃんは亀岡に拠点を移して「寄せ鍋トリオ」として活動中である。
   021_20121126003031.jpg
今回の参加者は玉ちゃんの「音楽活動40周年」ということで、昔の仲間が集まり懐かしさと今も元気な姿で力強く歌い続けていることを確認しあうイベントになっていた。
その頃からの付き合いの、文ちゃん、ユリ、ワタの3人組の「WAYS」は遠距離ユニットにもかかわらず相変わらずの素晴らしいハーモニーと力強い演奏を聴かせてくれた。荘典君が亡くなった後、人前で歌うことをほとんどしなくなった文ちゃんだが、まだまだこれからも歌い続けてほしい。
   008_20121126003034.jpg
大阪からはさみしまさんと井口さん。
それに大御所のかわさきゆたかさん。
   012_20121126003033.jpg
そして岐阜からは青山ジュニアさん。
   015_20121126003032.jpg
若い日に人生や夢や恋を語り合い、共に歌ってきた人たち。頑張っている奴の話、遠いところへ逝ってしまった奴の事。
演奏が終わっても話は尽きず、帰るのをあきらめて青山ジュニア夫妻と、玉ちゃんのところに泊まることにして、ギターを弾きながら話し込む。
気がつけば朝の5時。これも昔を思い出すようだ。
そう、「うたの里」の仲間たち。僕らはまだまだ元気です。

Posted at 00:31 | ライブ | COM(2) | TB(0) |
2012.11.25

楽団いのちの詩

   IMG_0004_5.jpg
金曜日の午後、「楽団いのちの詩」のライブに行ってきた。
http://music.geocities.yahoo.co.jp/gl/manjyuji2001
病気と闘いながら音楽とともにつながり、歌い続けて行く姿は聞くものに力を与えてくれる。
麻痺、失語・・・、しかし一番の障害は外に出ていくことが迷惑になるのではないかと思いこんでしまうこと。
かとうさんの今年の目標は、「砂浜を歩くこと」「エスカレーターに乗ること」「阪急電車に乗ること」の3つで、いずれもクリアできたと喜びの声を上げる一方で、「自分にとっていずれも非常に危険なことだった」とのこと。
でも「楽団いのちの詩」のライブの魅力は、そんなことを超越して楽しく歌っていこうやというというところにある。末松さんたち、かとうさんを支えているミュージシャンたちの演奏も素晴らしく聴きごたえがある。
最後の方で歌った「乗り遅れたバス」は今の世を生きるすべての人に聞いてもらいたい名曲だと思う。

かとうさんが音楽活動に復帰し「乗り遅れたバス」を初めて聞いたのは昨年の春の事。
http://onajitokiwosugoshi.blog122.fc2.com/blog-entry-200.html
その後、CDも完成しライブも定期的に行っている。楽曲も増え、今回のライブではブルースハープも聞かせてくれた。
ゆっくりでいい、あせらなくてもいいと言いながらも、常に目標を持って前に進んでいる姿には学ぶところが多い。
これからも楽しみにしているよ。

Posted at 22:13 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2012.11.20

イベント案内

「ハリーナ歌フォー酒場」(元田中)
日時  11月24日(土) 20時〜23時       
司会進行&ギター伴奏   楠木しんいち  三島邦生
参加費 500円 (+オーダー)
場 所 キッチンハリーナ (京都市左京区田中大久保町28-6)℡ 075-724-3568
     http://kitchen-halina.net/

「アコシャン歌バー」(修学院) 
日時  12月3日(月) 20時〜23時頃
進行&ギター伴奏  三島邦生
参加費 500円 (+オーダー)
場 所 アコシャン (京都市左京区山端川原町20-8)℡ 050-7103-2233
     http://akoshan99.blog.fc2.com/

Posted at 23:25 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2012.11.20

耳だれ不動さん

伊賀からの帰り道、耳だれさんに立ち寄る。
   115.jpg   109.jpg  
ここに来るのは2回目。
   110.jpg   108.jpg
以前にもブログで紹介している。
http://onajitokiwosugoshi.blog122.fc2.com/blog-entry-16.html
   112_20121120011451.jpg


Posted at 01:20 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2012.11.20

青山高原の風車

榊原温泉白雲荘の露天風呂からずっと向こうの山にいくつかの白い風車が見える。
青山高原の風力発電のようだ。
ということで近くまで行ってみることにした。
   094.jpg
笠取山(標高842M)の頂上近くにずらりと並んでいる。
   100.jpg
この辺りは常に強い風が吹き、笠が飛んでいくということで笠取山というらしい。
   103.jpg
冷たい強風の中、風車はガラガラと音を立てて回っていた。

Posted at 00:15 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2012.11.19

榊原温泉

週末は榊原温泉へ。
ウスタビガさんが出迎えてくれる。
   074.jpg
雨上がりの紅葉が美しい。
   077.jpg   073.jpg
帰りにはカタツムリさんが見送ってくれた。
   086_20121119023447.jpg
車にひかれないように、撮影後、木の枝に強制移動。

Posted at 02:23 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2012.11.19

津城

土曜日は津へ。
もくもくファーム直営のバイキングレストランで昼食をとった後、津城へ。
   062.jpg   061_20121119012910.jpg
築城の名手として名高い藤堂高虎の最後の居城ということだが、現在はお城公園としてきれいに整備されている。
   058.jpg
再建されたおもちゃのような櫓。
   059.jpg

Posted at 01:35 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2012.11.13

雨の船岡山

日曜日に船岡山で予定していた「船岡山ゆっくりコンサート」は雨のため中止。
   f3b16586.jpg
近所のエイコンズビレッジのオープンマイク企画に合流することとなった。

主催の楠木しんちゃん、オーナーの阿部さん他、おなじみのメンバーが集っている。
交代で演奏を回していく。

途中で阿部さんに誘われて、近くで開催されている高齢協の秋祭りイベントへ。
   7a0c915f.jpg
阿部さんのバックで即興のギターを弾く。

再びエイコンズビレッジに戻ってオープンマイクの続き。
後半はみんなでセッション。
   20122cc0.jpg
初めて会った人たちもこうして仲良くなっていく。
 
詳しくは阿部さんのページを。

http://blog.livedoor.jp/hiroeabe/archives/51090527.html
Posted at 07:11 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2012.11.10

そして秋

京都の街もすっかり秋。
   003_20121110233557.jpg
御所の木々も色付いてきている。
   001_20121110233558.jpg
真ん中の筋は、御所の砂利道にできた自転車の通り道。

Posted at 23:36 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2012.11.08

カリフラワーについてきた

いつも行っているスーパーで野菜を見ていたら、ラップに包まれたカリフラワーにイモムシ君が・・・。
うれしくなって買い求める。
家についてラップをはがし、観察しようとしたが中に潜り込んでしまいどこに行ったか分からない。
このまま一緒にゆでてしまったらかわいそうだし、ゆっくり観察もしたいので葉っぱを一枚一枚めくったり、隙間をあけて中を覗き込んだり・・・。
いた、いた。
   012_20121108215605.jpg
かわいい。
   017_20121108215604.jpg
大人になったらどんな姿になるのだろう?
飼ってみたいとも思ったが、連れ合いの怒りも怖いので庭に逃がしてあげる。
無事に育ってくれたらいいけど。
これが神戸の娘の目に触れたら、ヤモリ君の餌になってしまうだろうなとひとりニヤニヤ。
変な一家だ・・・。

そしてこのカリフラワーは・・・。
イモムシ君がいたので安心して葉っぱも茎も全部いただきました。
葉っぱと茎はベーコンと油揚げと一緒にいためて。
おいしかったです。

Posted at 21:56 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2012.11.05

長かった一日

今日は滋賀県の東近江市愛東町の図書館の親子イベントに出演。
ながさきさんのパネルシアターや歌遊びの伴奏で、午前と午後の2ステージ。
地域にうまく溶け込んでいるという感じのとても心地のいい図書館であった。
子どもたち相手の演奏は普段のライブとまた違った反応が面白い。

出番を終えた後、隣接する平和祈念館を見て回る。
時間がなくて駆け足で見てしまったが、貴重な資料がたくさんあり、今度またじっくりとみてみたいものだ。

司書さんに八日市駅まで送ってもらった後、せっかく来たので八日市の町並みを散歩する。
額田王ゆかりの市神神社に立ち寄った後、太子ホールに行ってみようと思い立つ。

太子ホールに着いたのは5時前。表に本日のライブ案内があり、出演の4組中3組が知り合い。
2時半開始なのでもうほとんど終わりだろうが、ここまで来たからには太子ホールの番頭さんにもあいさつしたいので思い切って扉を開ける。
ステージではこの日の最後の出演者、きむりんわんわん君の出番が丁度始まるところ。

終了後、みんなと少し話をして近江鉄道で近江八幡へ。
近江八幡でJRに乗り換える前にハーモニーに寄ってみようかと思い、あいているかどうか確認の電話をすると、もうしまっているとのこと。
そのままJRに乗り換えて京都へ。

まだ帰るには早いので、駅前駐輪所に預けていた自転車にまたがると、烏丸丸太町に向かう。
この日のスローハンドは飛び入りライブの日。
カウンターの隅に腰掛け、みんなの演奏を聴く。

今日も帰ったら日が変わっていた。

Posted at 01:57 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2012.11.05

もいちど向日町

楠木しんちゃんの名曲「思い出は月の光の向こう側」が「もいちど向日町」という替え歌になって合唱曲として歌われている。
歌っているのは向日市のコーラスグループ「歌うたう猫」。
11月3日(土)、向日市民会館で「向日市民音楽祭」というイベントがあり、「歌うたう猫」も出演、僕も楠木しんちゃん、はつ菜ちゃん、平山さんたちとともに参加。楠木しんちゃんは指揮者を務める。
元々は、京都での出会いを歌っているのに、ここではすっかり向日町の歌になってしまっている。
原作者の楠木しんちゃんも積極的に応援しており、こうした歌の広がり方は面白い。

Posted at 01:20 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2012.11.01

フォーク酒場&歌バー

27(土)はキッチンハリーナの歌フォー酒場、29(月)はアコシャンで歌バー。
   dsc_0170_320x240.jpg   005a.jpg
どちらも普通のライブとは違って、参加しているお客さんが飛び入り演奏を楽しむもの。
毎月一回行われている二つのイベントの司会進行&伴奏を務めているのであるが、お店の雰囲気や客層が違うため随分違った内容になっていてとても面白い。

今回もいろいろな人に来ていただきとても楽しい夜になった。
毎回何が出てくるのかやっている側としてもとても楽しみなのである。

Posted at 08:25 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2012.11.01

楽しいときは

いろいろ忙しかった先週、ばたばたと過ぎていったが、とてもいい日々であった。

21日(日)はスローハンドでのライブ。共演の森さん、瓶底さん、ともに演奏を聴くのは初めてだったが、生き方がそのまま歌に現れているようなとてもいいライブであった。
名古屋から来られていた森さんはほぼ同世代、僕と同じく一宮市内のとなり町で中学高校時代を過ごしたという。初対面と思っていたら浜名湖のライブイベントで会っていたこともわかった。

22(月)は11月3日の向日市民会館に向けての練習参加で東向日へ。本番も近付きみんな張り切っている。初めての取り組みで不安もあるがとても楽しみ。

練習を終えてから、木屋町三条にむかう。
九州の歌い手である友人が京都に出てきていて、音楽仲間が数人駆け付ける。
彼を中心にみんなでギターを回し、お互いの近況を歌とともに報告したり、セッションしたり。
時間はいつの間にか真夜中に・・・。
   015_20121101080115.jpg
会えて嬉しかったよ。
また会おう。

Posted at 08:01 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。