--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.02.29

忘れずにいつまでも あの頃の風を

26(日)は、どん底ハウスでさくらひさんとのライブ。
この日は朝から「きょうされん」の研修でテルサに京都市発達障害者支援センターの澤月子氏の講演を聞きに行き、その足でどん底ハウスへ。
週末、バタバタと忙しかったが、ライブではゆったりとした気分で臨もうと思う。
幸いなことに、ここどん底ハウスは景色も良く、とても落ち着ける空間なのだ。

さくらひさんとはイベントでは何度もご一緒したことはあるが、ライブとしては初めて。
どんなステージを見せてくれるのかとても楽しみであった。
音に対して、また選曲やメッセージに、とても強い想いを抱いているということを感じさせてくれる人だ。
妥協を許さない頑固なまでのこだわり、見習うべきことは多い。

とても素敵な出会いがあった。
大学時代、僕はヤンググラスという大学内のフォークソングのサークルに参加していたのだが、そのライバル関係にあったのが「黄色いトマト」というサークル。当時そのメンバーで、同じ時に大学内で音楽活動をしていたJさんがひょっこり来てくれたのだ。
インターネットというものはすごいもので、共通の友人をきっかけにつながることができ、ついにはライブにまで来ていただけた。
今度は大阪で活動しているというJさんのライブに行って、30年後の音楽活動を見てみたい。

スポンサーサイト
Posted at 00:59 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2012.02.28

誰もが歌いたい

25(土)の午後は高野にある障害者スポーツセンターへ。
ここを利用しているボランティアグループに頼まれて、数か月前から月に一度、ギターを弾きに行っている。
最初は彼らがいつも歌っている曲の伴奏を務めていたのだが、次第に参加者それぞれが歌いたい曲をリクエストして、ギター伴奏をして歌ってもらうということも実践してみた。
みんな歌が好きだ。みんなで歌うことも好きだし、自分の歌も聞いてもらいたい。
歌うことが困難でも、ハミングをしたり、マラカスや鈴を鳴らすことなら出来る人もいる。
とにかく生の音に触れ楽しんでもらいたい。

夜はキッチンハリーナへ。
楠木しんちゃんと一緒に歌フォー酒場を。
もう何回目になるのだろう。
誰もが歌いたい、表現する場を求めている。
そのために少しでも力になれたらと思う。

Posted at 00:55 | ライブ | COM(2) | TB(0) |
2012.02.27

あの頃の想い あの時の唄

週末は三日続けてのライブ、無事終了してほっとひと段落である。

24日(金)は拾得での「162~いい老人になろう」ライブ。
ここ数年、節目ごとに行ってきた同い年の三人、楠木しんいち、オイワとのライブ。
この日はオイワの誕生日。
また一つ年を重ね、お互いがしてきたこと、これからどんな風に自分を表現していくのかを確認しあう。

楠木しんちゃんは活動の範囲を広げ、全国を歌いながら旅していくというスタイルになり、小さな身体がひとまわり大きくなった気がする。
この日は旧友のベース弾き原君と一緒に心温まる落ち着いた演奏を聴かせてくれた。
恒例のギャクやギャクソングが全くなく、二枚目路線で突っ走るしんちゃんのライブは、長い付き合いの中初めてである。
こんなしんちゃんもまたかっこいいのだ。
   6857472_1543572893_17small.jpg
その後を受けた僕。
引き継いでいきたい仲間の唄、自分の想い、出会った人たちの事、今の生活・・・、歌いたいテーマはたくさんある。
出会いの中で自分の音楽への想いは形成されてきたと感じている。
   6857472_1543572894_193small.jpg
最後は、誕生日のオイワ。
数年前からのユニット「オイワカモリ」。
力強くしっかりとしたベースと自由奔放なフルートの調べ。そんな仲間に挟まれてのびのびと歌うオイワ。
とてもいいものを作り上げている。
   6857472_1541077855_209small.jpg
長い間お互いの活動を見てきた。
歌うことから離れていた時もあった。
そんな時でも、歌い続けている姿を見て励みにしていたこともある。
こうした中でまた仲間たちと時を共有することができる。
これからも大切にしていきたい。

♪いろんな奴の顔が浮かんでくるよ
 忘れられない
 あの頃の想い
 あの時の唄~♪

写真はオイワのページからお借りしました。

Posted at 08:37 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2012.02.23

公開リハ

昨夜はスローハンドでオイワカモリが公開リハをするというので見に行ってきた。
忙しいくて、なかなか練習時間が取れない中、少しでも良いライブを作り上げて行こうとしている3人の姿が伝わってくる。
力強く安定したギターとベース、そこに絡んでくるフルートの響き。
その中でのびのびと歌い上げるオイワ。とても心地よい。

明日の拾得ライブが楽しみだ。
   くすきおいわみしま
2/24(金) 拾得ライブ
場所 京都「拾得」 (大宮下立売)
http://www2.odn.ne.jp/jittoku/

出演 楠木しんいち
    三島邦生
    オイワカモリ

チャージ 1500円 (オーダー別)
       学生及び75歳以上の方 1000円

開場 17時半
開演 19時

Posted at 08:34 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2012.02.19

オートハープとフラットマンドリン

昨日の作業所でのイベント。
オートハープのマサキさんと「無印不良品」のマンドリン弾きのいがらしさんを招いてのミニコンサート。
普段、生の音楽に触れる機会をなかなか持てない方たちに、外部から人を招いての音楽を楽しんでもらおうと企画した。
季節を感じさせてくれる唱歌、みんなで楽しめる歌、それぞれの楽器の音を活かした曲など、二人に任せておけば大丈夫。僕もギターで参加。
音楽の楽しさを感じて頂ければと思う。
マサキさん、いがらしさん、無理を言ってすみませんでした。
ありがとう。

なおこの日は珍しく大雪。
こんなに積もったのは今年度になって初めての事。
そういえば、マサキさんが来るときはいつも大雪だったような記憶が・・・。

Posted at 23:40 | ライブ | COM(2) | TB(0) |
2012.02.17

あたらしいときが

昨夜は西京極にあるスタジオへ。
Aさんの声掛けによる震災復興支援のオムニバスCDへの録音に参加。
この日集まったのは、楠木しんちゃん、阿部ひろ江さん、瓶子さん。
それぞれの曲を交代で録音していく。

僕が選んだのは「あたらしいときが」。
短い曲で、ほとんどライブでも歌うことがないが、声高に叫び訴えるのではなく、静かな想いを表したかった。

阿部さんの曲の録音の時に突然ギターを頼まれる。
サイドギターかと思ったら、ギター一本だけで歌いたいとのこと。
顔を見合わせながら歌うタイミングを見ながらのセッション。

この日は来ていなかったが、他には、はつ菜ちゃんも参加している。

CD完成記念ライブは5月12日(土)には向日市民会館で開催予定である。


   あたらしいときがはじまるとき
   ぼくらはめをかがやかせ
   むねをときめかせ
   こころにちかう
   このよのすべてのものに
   さちあれ と 

Posted at 08:34 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2012.02.13

ギターを弾くカエルさん

先月、ギターを弾くカエルさんがやってきた。
ハリーナの歌フォー酒場に連れてきたのはどらわこさん。
飛び入り出演はしてくれなかったけど、そのまま我が家についてきた。
   006_20120213000559.jpg
どらちゃんと同じモデルのギターを弾いている。
ステッカーまでまねをして同じものが・・・。
   007_20120213000558.jpg
やっぱりフィンガーピッキングが得意なのかな?

もうひとり、今日我が家にやってきたカエル君。
   004_20120213000559.jpg

Posted at 00:07 | 音楽 | COM(0) | TB(0) |
2012.02.07

2/26(日)どん底ハウスライブ

日  時  2月26日(日)  18:30開場 19:30~開演

出  演  三島邦生 
       櫻井一雄
チャージ 1000円 (ドリンク別)

場  所 どん底ハウス
     京都市中京区河原町二条上ル清水町362 ジョイビル5F
     (地下鉄東西線京都市役所前 ゼスト御池出口より河原町通を北に徒歩5分)
     TEL:075-256-5259
     http://donzokohouse.web.fc2.com/
     http://mixi.jp/view_community.pl?id=5428782
   さくらいかずお   どん底
大好きな場所、どん底ハウスでのライブ。
今回は高槻のシンガー・櫻井一雄さんと一緒に演ります。
お楽しみに。

Posted at 08:24 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2012.02.05

2/24(金)拾得「162-いい老人になろうライブ」

   くすきおいわみしま
2/24(金) 拾得ライブ
場所 京都「拾得」 (大宮下立売)
http://www2.odn.ne.jp/jittoku/

出演 楠木しんいち
    三島邦生
    オイワカモリ

チャージ 1500円 (オーダー別)
       学生及び75歳以上の方 1000円

開場 17時半
開演 19時

楠木しんいちと三島邦生とオイワ。
同い年の歌い手としてとても長い付き合いである。
節目ごとに一緒にライブを行い確かめ合ってきた。
こうして年齢を重ねながら歌い続けて行けた事、感謝の気持ちでいっぱいである。

今回はオイワの誕生日にあわせての拾得でのライブ。
オイワは、ベースのわかささん、フルートのもりべさんとのユニット、オイワカモリとしての出演。
最近は娘さんのはつ菜ちゃんと共に歌旅を続けている楠木しんちゃん。今回は旧友のベーシスト原君と一緒に歌ってくれる。

これからも歌い続けて行くことを確認できるライブにしていきたいと思う

Posted at 09:18 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2012.02.03

ポリネシアによせて

先週土曜日はキッチンハリーナの歌フォー酒場。
久々にオープニングライブを引き受けた。

店内に入ると、壁にはポリネシアの風景や暮らしを写したパネルが一面に飾ってある。
南太平洋の小さな国ツバルでの暮らしを写したもんでん奈津代さんの写真展を開催していたのである。
http://monden.daa.jp/tuvalu.html
環礁の島で平均海抜が2m以下、最高でも5mもないとのことで水没の危機を言われているとのこと。
写真ではその島に生きる人たちの明るい笑顔に囲まれている。

僕はツバルには行ったことがないが、同じような文化を持つ仏領ポリネシアのツアモツ諸島に行ったことがある。環礁の美しさ、扁平な陸地、魚の豊富さ、そして明るく人懐っこい人々の笑顔。
マニヒという島では、リゾートホテルのある島と村人が暮す島は別にあり、人々はボートで行き来をしている。
僕はリゾートホテルではなく民宿をに泊まりたくて村人の暮らす島へ渡り、カタコトのフランス語で宿探し。
しかし、僕と同じように島の人たちもカタコトなのだ。らちがあかないと思ったその人は10歳くらいの女の子を呼んでくる。なんと子供は上手にフランス語を話し、通訳してくれる。
村に以前は民宿はあったが今は営業していない、だが知り合いの空き家があるので相談してみたらとのこと。その人を紹介してもらい、値段の交渉をして無事一週間の宿を確保することができた。古い小さな家でとても快適。
   img067.jpg   img066.jpg
直径2キロほどの小さな島である、人口は200人ほどらしい。
異国人が来ていることはすぐに島中に伝わる。
村の若者たちが誘いに来て、音楽を聞いたりして過ごす。
言葉に不自由しながらも楽しいやり取り。
大家さんも朝ごはんを食べにおいで、と誘ってくれる。
   img068.jpg
ある若者がこんなことを言う。
「自分は学校でフランス語を習ったけど実際に使うのは初めて。こんな機会があってとてもうれしい・・・。」
リゾートホテルで働く人たちにとってはフランス語は必要であるが、島で普通に暮らすにはほとんど必要がない。
たまに僕のような物好きな旅人はやってくるが、ほとんどの人は島の暮らしには無関係である。

ハリーナのの壁に飾られていたもんでんさんのツバルの写真を見ながらそんなことを思い返していた。
そして、オープニングライブ一曲目に選んだのは、タヒチ島でマイニュイさんに教えてもらったツアモツ諸島の歌だという「TEANONO ARII」。
あれから15年、今島の暮らしはどうなっているだろう?

Posted at 22:12 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。