--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.31

雪でした

大晦日。
雪である。
2010_12310013.jpg
景色ががらりと変わる。
2010_12310019.jpg
団地内の樹木にも雪。
2010_12310010.jpg
雪だるまを作っている元気な子どもたち。

今夜の外出はおっくうだなぁ。
スポンサーサイト
Posted at 16:52 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2010.12.27

真夜中のヨッパライたち

昨日はある歌の集まりの忘年会に誘われて飛び入り参加。
学生時代からの知り合いあらかわ氏とも久々の再会。
ギター伴奏要員として呼ばれているので、ギターを弾きみんなに歌ってもらう。
歌と友だちがいれば人生は豊かなものになりうる。ほどほどの酒も良い。

解散後、その気持ちを引きずったままスローハンドへ。
マスターやライブ終了後のN嬢と遅くまで語り合う。
来年のライブ、こんな事をやってみたいと酔っ払った勢いでみんな言いたい放題。
マスターは「Sくにお」、僕は「Mくにお」である。
来年は「ダブルくにお」というユニットでライブをしようと盛り上がる。
N嬢がそこに絡んでくる。じゃあ、私もNさんを誘って「ダブルながの」で演ろうっと。
だったら「ダブルくにお」と「ダブルながの」のライブブッキングをしようか?
いやいや、いっそのこと「ながのくにお」にしよう・・・。
ヨッパライの話はどんどん膨らんでいく。
N嬢が活き活きと話しているのを聞くといかにも実現しそうだ。
夜は更けていく・・・。
Posted at 20:41 | 音楽 | COM(0) | TB(0) |
2010.12.25

仲間とともに

22日はアコシャンでクリスマスの会。
家に居場所がないというわけではないが、名古屋のかわさきさんの歌のように、ギターを持ってアコシャンの灯りをめざして出かける。

ワインを飲み語らった後、即席バンドで演奏。
コルネット&ピアノのこいけさん、エレキギターのたぶちさん、アコースティックギターが僕。
こいけさんと会うのは久しぶり、たぶちさんと会うのは初めて。
リクエストに答えながらの飛び入り演奏。生オケ状態。
いつもと違ったことをしてみたくて、たぶちさんのテレキャスを借りてブルースを弾いてみた。
なかなか楽しいものだ。エレキも一つぐらい欲しい・・・、けど。

次の日、23日はBlueEyesで長野たかしさんを囲んでのライブ。
948987511_50.jpg
仲間たちが入れ替わり立ち代りステージに上がり、その隣でちょうさんはベースを弾き続ける。
僕はかわさきさんの「集光性」などを。
ながいようさんや末松さん、鈴木勇造さんも駆けつけてくれてのとても楽しい夜であった。
2010_12240003.jpg   2010_12240006.jpg   2010_12240007.jpg

Posted at 03:25 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2010.12.22

『おとうと』上映会 栗東

以前、アジアン雑貨のお店で一緒に働いていた事のあるふしぎんちゃくさんがかかわっている聴覚障がい者のための映画上映会の連絡があった。
http://shigajou.blog.eonet.jp/default/2010/12/no-803d.html
主催は社会福祉法人滋賀県聴覚障害者福祉協会後援会。
会場は滋賀県栗東市。
近所の方はよろしく。

以下はふしぎんちゃくさんからのお誘いです。

聴覚障がい者は聞こえない(聞こえにくい)ので、字幕の付いている洋画しか楽しめないという時代もありました。今でこそ、TVの字幕スーパーも増えていますが、まだまだ聞こえる事が中心の社会です。
健聴者と同じように、聴覚障がい者も映画館で映画が楽しめる、その先には、暮らし全体が健聴者と同じように過ごせる社会があると良いなぁ~という上映会への思いがあります。

映画『おとうと』上映会 
E3818AE381A8E38186E381A8.jpeg
  山田洋次監督
  吉永小百合・笑福亭鶴瓶・蒼井優・加瀬亮

日時 2011年1月22日(土)
    1回目10:30~
    2回目14:00~

会場 栗東芸術文化会館さきら
   〒520-3031 滋賀県栗東市綣二丁目1番28号
   TEL 077-551-1455 FAX 077-551-2272
   http://www.sakira-ritto.net/top.php3

チケット 一般前売り1000円(当日1200円)
     小中学生前売り600円(当日800円)

問い合わせ 滋賀県立聴覚障害者センター
   TEL077-561-6111
   FAX077-565-6101
Posted at 02:03 | 映画 | COM(0) | TB(0) |
2010.12.21

味噌煮込みうどん

生まれは広島県福山市だが、2歳の時に愛知県に移り住んだため、福山の記憶は全く無い。
それでも両親とも広島の人で、野球も陰ながらカープを応援していたし、家では名古屋弁と無縁の生活を送っていた。
とりわけ周りの人と違っていたのは味付けである。
両親とも愛知県の味噌の味が嫌いで、家では赤だしというものを見たことがなかった。
学校給食で食べなれていた子供たちと違い、大人になって愛知に移ってきた両親にとって、あの味噌だけは理解できないかのようであった。
僕は味噌煮込みうどんが大好きだったが、親が作ってくれないのでいつもインスタントを買ってきて自分で作って食べていたものだ。

ところが3年前に帰省した時、母と二人で食べに出かけたら、何と母は味噌煮込みうどんを注文するではないか・・?
驚いて、いつから食べられるようになったのかとたずねると、母はすました顔で答えた。
「ここに何十年住んでいると思っているの?」
確かにそうだ。

さて、中学高校の頃の大好物だった味噌煮込みうどんは京都ではなじみがなく、インスタントのものも全くといっていいほど出回っていない。
大きなスーパーに行った時に探してはみるが置いてないのだ。

ところが、意外なところで発見した。
よく考えれば決して意外ではないのかもしれないが、それは伊賀のスーパーであった。
あった! 味噌煮込みうどん。
2010_12180002.jpg
しかも、寿がきやだけでなくマルちゃんまで。
2010_12180004.jpg
寿がきやは帰省の度に買って帰るので食べる機会もあるが、マルちゃんは高校時代に食べて以来なのである。
これは楽しみ・・・。
2010_12180005.jpg
伊賀ならもくもくファームもあり、年に数回訪れる。
考えてみたら伊賀は名古屋の文化圏と関西の文化圏の境界線であるといえるかもしれない。
ここで味噌煮込みうどんが手に入るというのはとても嬉しいことだ。

だけど、京都近辺で味噌煮込みうどんを見かけた方はご一報下さい。
Posted at 00:28 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2010.12.20

伊賀焼の陶板

伊賀焼の直売所で見つけた陶板。
2010_12190017.jpg   
直火でもレンジでも使用できるとのこと。
2010_12190021.jpg
というわけで買ってきた陶板。
2010_12190022.jpg
すき焼き、焼肉、パエリア。
土鍋の蓋と組み合わせて蒸し野菜もできる。
まず、カニの陶板焼きに挑戦してみようかな?

Posted at 22:31 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2010.12.20

もくもく

2週続けての伊賀。
先週はコンサートの帰りに野菜を買いに立ち寄っただけの「もくもく手作りファーム」をゆっくりと散策。

敷地内をミニブタくんが散歩している。
2010_12190004.jpg   2010_12190007.jpg
2010_12190008.jpg   2010_12190011.jpg
ソーセージを買い込む。野菜も。
じゃがいも、たまねぎ。かぼちゃ、かぶら、ブロッコリー、プチヴェール・・・。

敷地内を歩いているミニブタくんたちは、芸をしたり子どもたちと遊んだりするのが仕事で、ソーセージになる心配はないそうだ。
2010_12190019.jpg
年に二回送られてくる会員チケットの入浴券で温泉へ。
丘の上の露天風呂で夕暮れの月を見る。




Posted at 00:09 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2010.12.18

柚子茶パン

先日、韓国産の柚子茶を頂いた。
お茶と思っていたらマーマレードで、大きなビンに1キロも入っている。
ヨーグルトに入れたり、パンに塗ったりしていたが、なかなか消費できない。

ふと思いついて、パンを焼く時に砂糖の代わりに入れてみた。
2010_12170013.jpg
焼きあがったのがこれ。
2010_12170015.jpg   2010_12170017.jpg
マーマレードが小麦粉と一緒にこねられ、ほとんど原型をとどめなくなっていたが、わずかに生き残ったものもある。
2010_12180001.jpg
ほんのりと甘い香り、予想以上においしく焼けた。

どれぐらい入れたらいいのか、これから試行錯誤していこう。

今回の内容。

強力粉 200g
中力粉  90g
牛乳  210cc
バター  15g
塩     5g
イースト  3g
柚子茶  70g
Posted at 02:31 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2010.12.16

1/22(土) アコシャンライブ

2011.1.22 長野森川
★日時:1日22日(土) 19時開場 20時開演

★場所:アコシャン(BEER&WINE BAR AKOSHAN)

・住所 〒606-8003 京都市左京区山端川原町20-8
・電話 (050)7103-2233
    http://www.eonet.ne.jp/~winebar-akoshan/bar.html

★出演:長野たかし & 森川あやこ(劇団MOMO)
    三島邦生
 
★チャージ:投げ銭カンパ(要・飲食代別途)
bar005_20101216164159.jpg   MAP_20101216164159.jpg
来年の初ライブは、1月22日(土)に修学院のアコシャンにて。
そういえば、長野さんに初めてお会いしたのは、ここアコシャンであった。
ムーンライトグラハムのメンバーと一緒に来ていて、名乗りあうこともなくセッションをしていた。
後で、「五つの赤い風船」の長野さんと知って驚いた。
無印不良品のいがらし君やひらい君と知り合ったのもこの時だ。
まだあれから四年しか過ぎていないとは驚きである。
それほど、長野さんたちにはお世話になってきている。

今回は、劇団MOMOの看板女優のあやこさんも加わっての夫婦共演。
どんなライブになるか楽しみである。
Posted at 16:32 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2010.12.13

旧 水口図書館 クリスマスイベント 

ヴォーリズ建築の旧水口図書館は、現在では図書館としての役目を終え国登録有形文化財建造物として保存されている。
今回のクリスマスイベントを企画したのは、この貴重な建造物の存在を知ってもらい、有効に地域で活用していこうという「稚木の会」の人たちである。

旧水口図書館は水口小学校の敷地内にあるのだが、そこの校長先生による読み聞かせと紙芝居から始まった。
校長先生のお話というと、とても堅苦しいものを想像するのだが、とんでもない。
校長先生のオリジナル作品、「プー大王」などとても楽しい内容であった。
プー大王の国は非武装中立で人々は平和に暮らしていた。
ところがある日、よその国が攻めてくる。
困った事にプー大王の国には武器というものが何一つない。
さあ、どうしたらいいのか?
プー大王はいかにして他国の軍隊を追い払ったのか・・・??
ネタバレはやめておくが、キーワードは「へいわ」ということで・・・?
なんとなくトルストイの「イワンの馬鹿とその二人の兄弟」の話を思い出してしまった。
落ちは全くちがうけど・・・。

次いで無印不良品のステージ。
ギター&バンジョーのひらいくんとマンドリンのいがらしくん。
スピード感あふれる演奏と心温まるハーモニー。
ひらいくんが旅の途中に熊野古道で出会ったおばあちゃんの暮らしを歌った曲が心に残る。
途中で僕も呼ばれてギターで参加する。

引き続き自分の出番。
何曲かはいがらしくんにマンドリンをつけてもらう。
校長先生のお話に触発されて、予定曲を変更して西岡恭三さんの「ピエロと少年」を歌ってみる。
最後は無印不良品と一緒に藤村さんの「君こそは友」を。

第三部はやどやんを中心に、出演者全員でみんなで歌う会。
「風」のリクエストがあったが、この季節だし「風」は弾かんとこうと誰かが言い出し・・・???
いつもながら本当に困ったオヤジたちである・・・。

このヴォーリズ建築の建物、雰囲気がいいだけでなく音が素晴らしく良く、とても気持ちよく演奏することが出来た。
保存していく事はとても大変で、がんばっている人たちに頭が下がる。
機会があればまた参加したいと思う。

解散後、峠を越えて伊賀へ。
水口は現在は滋賀県甲賀市。三重県の伊賀とは隣町なのである。
忍者の町として知られる二つの町の市長さんの手裏剣対決が行なわれ、負けたほうの市は勝った方の市の観光PRをしなければならないというようなローカルニュースを見たことがある。
現在では暢気な話だが、昔は大変だったんだろうなと思う。

もくもくファームで野菜を買い、温泉博士のクーポンで芭蕉の湯に浸かって京都に戻る。
充実の1日。
Posted at 02:46 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2010.12.13

水口へ

水口と書いてみなくちと読む。
近江の宿場町だった所だ。
最近の市町村合併で甲賀市になった。

やどやんからの誘いがあり、旧水口図書館のイベントに行って来た。
以前から興味はあったのだが機会がなく、この町を訪れるのは今回が初めてである。

早めに家を出て、国道一号線を東に進む。
会場は水口小学校の敷地内にあった。
昭和3年に竣工、ヴォーリズ(1880~1964)建築のとてもしゃれた建物である。
201012121201000.jpg
まだ少し早いので、やどやんに水口城址へ連れて行ってもらう。
ここはいわゆる戦国の城郭ではなく、徳川家光の上洛の際の宿館として建てられたもの。
そんな理由もあってか、小さいながらとても優雅である。
まだ門も開いておらず、城の周りはとても静かであった。
普段から静かなのかもしれないが・・・。
堀に写った姿が美しい。
201012120930000.jpg   201012120932000.jpg


Posted at 01:39 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
2010.12.08

12/12(日) 旧 水口図書館クリスマス会

12月12日(日)、やどやんに誘って頂き、滋賀県の旧水口図書館で開催されるクリスマス会に行って来ます。
旧水口図書館はヴォーリズ建築で国登録有形文化財建造物に指定されているとても貴重な建造物です。
こんな素敵な場所で演奏できる事はとても嬉しいです。
0404.jpg
他の出演者は無印不良品。
やどやんを交えてのセッションタイムもありとても楽しみにしています。

12月12日(日)

9時半 受付 
10時 クリスマスキャンドル作り
11時 紙芝居
13時 コンサート開場  
13時30分 無印不良品 
13時50分 三島邦生
14時35分 やどやんDX(三島・無印・やどやん)会場のみんなとフォークソングを歌おう25分
15時終了

会場 旧 水口図書館
   滋 賀県甲賀市水口町本町一丁目(甲賀市立水口小学校内)  
   http://homepage.mac.com/m_xsara/lib.html

Posted at 19:18 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2010.12.05

ボージャングルのように

昨夜、修学院のいつものお店へ。
週末というのになぜかお客が誰もいない。
暫くしてから女性客が一人。オーナーも含め、三人で話ているうちに、歌おうかということに…。
お店のギターを借りて希望する曲の伴奏。
舟木一夫、「高校三年生」ならかろうじてわかる。さらに知らない曲。
次いで三田明。名前ははわかる、顔も浮かんできたけど歌は全く知らない。
彼女たちの歌に合わせて、後追いでギターを合わせていく。聞き取りと予測、集中力が必要である。
そうこうするうちにお客さんが゙増えてくる。
その流れで「歌酒」状態に。
誰かから酒がまわってくる。ジェリー・ジェフ・ウォーカーの、一杯の酒が飲みたくて酒場の片隅で踊る老ボードビリアンの歌が浮かんでくる。
カウンターのすみで差し入れのお酒を飲みながらギター伴奏。
こんな夜もいい。
Posted at 19:51 | 音楽 | COM(0) | TB(0) |
2010.12.04

トップページの写真を変更しました

トップページの写真を変更した。
1994年にラパ・ヌイ(Rapa Nui)= イースター島に行った時のもの。
File0008.jpg   File0005.jpg 
この時はニューカレドニア~タヒチ~ラパ・ヌイというルートでそれぞれ一週間ずつの旅であった。
ここにいった時には交通機関が無く、レンタルホースで出かけた。
もちろん馬に乗るのは初めてで、フランス人ガイドに「無理!」と泣きついたのだが、「馬の方が心得ていて、勝手に連れて行ってくれるから大丈夫」とのこと。
こわごわしがみついていたのだが、確かに賢い馬で問題なくモアイの場所まで連れて行ってくれた。
File0003.jpg
あの頃はまだ観光客も少なく、静かな島であったが翌年の1995年に世界遺産に登録されており、どのようになっているか気になるところである。
もう一度行きたい。
File0006.jpg   
ラパ・ヌイはチリ領であり、パスクワ島とも呼ばれる。パスクワとはスペイン語で復活祭のことで、復活祭の日にヨーロッパ人に「発見?」された為にその名が付けられた。

タヒチからラパ・ヌイに向かう飛行機の中で隣り合わせたのがチリ人ジャーナリストで、彼と片言のフランス語で会話。どちらも同程度の語学力だったので意外に話が通じた。
ビクトル・ハラが好きだと言うと、「彼はチリの誇りだ」と言った。
1973年にビクトル・ハラを虐殺したピノチェトが失脚したのは1990年、確かに世の中は変わっていると感じた時であった。

トップページは、FC2ブログのテンプレート設定でダウンロードさせてもらったもの。
ランダム表示してくれていて、開けるたびに違った写真が出てくる。

一枚だけラパ・ヌイと無関係な写真があるが、これは2002年のCDR「おなじときをすごし」のジャケット写真の一部で、撮影場所は沖縄の与那国島の東崎。
566205d.jpg
どの写真が出てくるか、自分でも楽しみながらページを開いている。
Posted at 20:15 | 雑録 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。