--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.09.27

名古屋日帰りツアー

土曜日はちょうさん&あやこさんと名古屋へ。
コーヒーラウンジ「クリエイト」でのライブである。

11時にちょうさん宅に集合。駐車場の花壇にクロアゲハが来ている。そっと手を伸ばして両手で包み込むようにすると、静かに手の中に収まった。あやこさんが魔法を見るように見つめているので、掌を開いて自由にしてあげる。クロアゲハさんは大空へ飛び立って行った。

せっかく名古屋まで行くのだから美味しいものを食べよう、というあやこさんの要望で味噌煮込みうどんかきしめんをチョイス。あまりこだわらない僕らが、高速のフードコートでもいいよと言っても断固反対。名古屋についてから車を停めてナビでうどん屋を探す。
たまたま車を停めた目の前にあったのがカラオケ喫茶「春歌」。
   3361409_624489545_172large.jpg
みんなどんな歌を歌うのだろうと車内は大盛り上がり。
「多分、『金太の大冒険』だよ」
「いやいや、『季節の無い町に生まれ~』かな」
「『秋冬』が無いよ~」
「用意周到だね」

3人、下らない事ばかり言い合いながらもナビで見つけた小さなまちのうどん屋さんへ。
きしめんが360円。これがとても美味しかった。甘みのあるたまり醤油にほうれん草、きしめん恐るべしです。
   3361409_628649612_208large.jpg
予定よりも早く会場のクリエイトに到着。あんかけスパゲティの看板を見て、小倉あんのかかったスパゲティを想像、さすが名古屋と思いライブ後の楽しみに。
   3361409_628655343_197large.jpg
まもなく、今回のライブの仕掛け人のかわさきさんも到着。機材を運び込み手馴れた感じで客席の配置も換えていく。
   3361409_628657063_125large.jpg
かわさきさんのPAで気持ちよくリハーサルを。
本番10分前になって、セッションする曲を決める。

そしてライブ本番。
出演順はかわさきさん、僕、ちょうさん&あやこさん。とはいえ僕の曲にはちょうさんのベース、ちょうさんやあやこさんの曲には僕がギターを入れるので、ステージの編成はずっと同じである。
あやこさんはメロさんと共演。
   3361409_629188538_80large.jpg
関西のおばちゃんもびっくりというようなパワフルなお客さんたちとの楽しいやり取りもあって、とても楽しく演奏することが出来た。

アフターライブでは、楽しみにしていたあんかけスパゲティを賞味。しかし、小倉あんではない、スパイシーなあんかけであった。それはそれで非常に美味しかったのだが、「あんこじゃなかったのすね」というと、名古屋には実際にあんこスパゲティがあるとの事。今度来るときはかわさきさんが連れて行ってくれるとの事。次の楽しみも出来た。
   3361409_628658631_28large.jpg
食べながら、マスター夫婦や常連さんも交えての談笑。楽しいひと時であるがあっと今に真夜中に。
まだまだゆっくりしていたかったが、京都に戻らねばならない。

楽しかったいろいろな事を思い返しながら、真夜中の高速を走る。
家にたどり着いた時は午前3時を回っていた。

名古屋のみなさん、ありがとうございました。
写真はかわさきさんとちょうさん&あやこさんが撮影したものを頂きました。
スポンサーサイト
Posted at 21:44 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2010.09.25

黒谷 紙すき唄

ふっと思い立って綾部に行ってきた。

学生の頃、宮津の上世屋という山の中の廃校になった分校で行なわれた「おいで一緒にin上世屋」というイベントに参加したことがある。
http://kamiseya.main.jp/index.html 
その時の参加者の一人に教えてもらったのが「紙すき唄」で、綾部の歌い手の梅原豊さんが地元の伝承歌を元にアレンジしたもの。
随分前の事ですっかり忘れていたのだが、京丹波地区にある施設に行った時に利用者さんたちと一緒に紙すきをしていた時にふっとこの曲が舞い降りてきた。

 ♪ わたしゃ紙すき ぬしゃ紙じゃよ   (私が紙すきなら あなたは紙)
   すいてすかれて 冷たかろうよ ♪  (すいてすかれて 冷たかろうよ)

多分、こんな歌だったと思うのだが随分昔の話で、歌詞も正確にはわからない。紙すきの「漉き」と「好き」が掛けられている。もっと長い歌詞もあったはずである。
そのことがずっと心に引っかかっていて、いつか調べに行こうと思いながらなかなか機会を見出せなかった。

そして今日、予定していた事が流れて暇になったので、ふらりと朝から出発。
無料化された京都縦貫道を走っていた。

終点の丹波で降り国道で綾部に向かう。
行き先は黒谷という集落。手すき和紙はここで生まれ、今でも伝統的な手作業で行なわれている。そして「紙すき歌」のふるさとである。

目的地の黒谷和紙会館は、水のきれいな小川の流れる山村にあった。会館という名前からある程度立派な建物を想像したが普通の田舎の民家。一階は作品の展示と販売、二階に道具類が展示してある。工房は30メートルほど先にある別の建物。こちらも歴史を感じさせる。
館内には店番という感じのおばちゃん一人、館内は見学自由ですのでゆっくり見ていってくださいとのこと。電気はついてないので自分でつけてすんだら消して下さいねとのこと。

受付のおばちゃんに「紙すき唄」のことをたずねてみる。
「ああ、あれは伝統的なものではなくて、梅原さんがアレンジした曲で、たまに合唱で歌ったりもしますよ」とのこと。
歌詞がわかるかたずねると、奥に引っ込んで探してきてくれた。
そして持って来てくれたのが、手書きの楽譜と歌詞カード。
おばちゃん、ありがとう。ここまでやってきた甲斐がありました。

歌詞を見てびっくり。
自分の心の中にあった歌詞はどこから来たのだろう。部分的には合っているのだけど・・・。


  「黒谷 紙すき唄」  伝承歌 アレンジ・梅原豊

お前紙なら わしゃ紙すきじゃ  とけてすかれる 身じゃわいな

わたしゃ紙すき 主しゃ紙たたき  何の苦労ぞ 春の風

小さい時から 紙すきなろて  今に自分が まだ知れぬ

紙は紙でも 黒谷紙は  雪のしずくで すいた紙

ひるは紙すく 晩げはたたく  よさりやこうぞの 皮をむく

紙もすきたや かごむししたや  今日は日和じゃ 紙ほしやれ

何の因果で 紙すきなろて  紙と主とが きれぬため

苦労くろうで なろた紙も  白い肌みりゃ 気もはれる

親はとゆ竹 子はとゆの水  親がやりゃ行きゃ どこまでも


黒谷集落ではないのだが、綾部市内の廃校になった小学校を利用した黒谷和紙工芸の里というのもあるとの事で、そちらの方も行って見た。
こちらでは若い人が何人もいて作業をしている。聞けば京都伝統工芸大学校の研修施設にもなっているとのこと。
伝統産業は後継者問題を抱えているが、こうしてよそから若い人が紙すきをしにやってきており、ここで修行をして職人さんになっていくのだそうだ。

とりあえず目的は果たしたので、近くの「あやべ温泉二王の湯」に浸かり、綾部市内中心部にある「グンゼ博物苑 」「グンゼ記念館」に立ち寄る。
和紙と養蚕、なにか共通項が感じられる。黒谷和紙はコウゾだけど、桑で和紙を作る所もあるし・・。

今、野菜が高いらしいが、このあたりには直売所や無人販売があるのでついつい寄り道をしてしまう。
ラグビー型の南瓜があったのだが、白いのと青いののどちらが美味しいの気になって両方買ってしまった。
長さ25センチ程で青が160円、白が120円。家に帰っても好奇心はとどまらず、中身が見たくて割ってしまった。
   File0138.jpg   File0140.jpg   File0139.jpg

Posted at 01:49 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010.09.21

9/25(土) 名古屋でライブ

   3361409_579471911_113large.jpg

   3361409_579471910_93large.jpg

今週末は名古屋でライブです。

名古屋の歌い手さんで、自らオリジナルギターも創っている多才な人・かわさきさんに誘われて名古屋までちょうさんたちと行ってきます。

★日時:9月25日(土) 18時開場 19時開演

★場所:コーヒーラウンジ「クリエイト」

・住所 〒4620016 愛知県名古屋市北区西味鋺2丁目701番地
・電話 052-902-5077
・地図 http://bit.ly/a6VmR5

★出演:長野たかし&森川あやこ(劇団MOMO)、三島邦生、かわさきこうじ
 
★チャージ:1500円(要・飲食代別途)
Posted at 12:51 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2010.09.06

コガネムシは金持ちだ

9月というのにこの暑さ。
いつまで続くか。
ツクツクボウシの声が聞こえ、賀茂川にはウスバキトンボの群れ。
暑いけど、夏は終わろうとしている。

そんな中、自転車置き場にいたコガネムシ。
こんな所にいたら轢かれてしまうぞと、捕まえて植え込みに避難させる。
   2010_08220012_20100906220002.jpg
エレベーターの所にはもう何日もじっととまったままのヒロヘリアオイラガ。
幼虫は毒針を持っていて刺されると恐ろしく痛い。
ぷっくりとした成虫はなかなか可愛いのに、あの幼虫だけはいただけない。
もう一匹、壁にもとまっていた。
   2010_08170002_20100906220004.jpg   2010_08220013_20100906220003.jpg
Posted at 22:01 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。