--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.22

週末の事

土曜日はNさんと待ち合わせて教育文化センターへ劇団わらび座の椿康寛さんの講演「観阿弥の生きた時代」を聞きにいく。
オープニングでNさんのギターのバッキングを。
椿氏はどっしりとした感じの人で、舞台役者らしく非常によく通る声で聴衆の心をつかむ話術にも長けている。
全く予備知識のない猿楽や能の話を全く飽きさせることなく、非常に興味を持って聞くことが出来た。
講演終了後、エンディングの椿氏の歌の前に何か一曲歌って下さいと頼まれたので「再会」を歌って椿氏に引き継ぐ。
椿氏のエンディングの歌は「オーソレミヨ」であった。すごいとしか言い表す事が出来ないほどの声量と力強さに圧倒された。

File0119.jpg


日曜日は3月7日に開催される「ピープルファースト」の京都大会の実行委員会に参加してきた。
ピープル・ファースト(People First)は、知的障害をもつ当事者が、自分たちの問題を自分たちで、自分たちのために発言する、セルフ・アドヴォカシー(Self Advocacy)の団体である。
難しい事はよくわからないが、そのイベントでメンバーたちが歌う曲のギター伴奏を僕と楠木君で引き受ける。
事務局のメンバーがハリーナの歌フォー酒場に参加したことが縁で、昨年に引き続きの参加である。
今年は全国大会も京都で開催されるという事でメンバーたちは張り切っている。
参加者みんなが楽しめる、今後に引き継いで行くことの出来る取り組みにしていきたい。
スポンサーサイト
Posted at 17:25 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2010.02.19

3/6 (土) ハリーナ歌フォー酒場 & さかもとふみや ライブ

3月のハリーナ歌フォー酒場は6日(土)に開催されます。
今回のオープニングライブは「さかもとふみや」氏です。  
心にしみいる歌、渋い演奏をお楽しみ下さい。
http://yumeututu.sakura.ne.jp/
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2967351
sakamoto_ilust_toppage_02.gif


第2部はいつものようにお客さんの出演参加の場です。
みなさん、演じに来てください。

なお、楠木、三島、さかもとの3人は同い年なのです。


3/6 (土)「ハリーナ歌声フォーク酒場」

第1部 19時~ さかもとふみや ライブ (チャージ投げ銭)

第2部 20時~ 歌声フォーク酒場
         司会進行&ギター伴奏  楠木しんいち  三島邦生
参加費 500円(+オーダー)

場所 キッチン&カフェ・ハリーナ
(℡075-724-3568)
京都市左京区・東大路東鞍馬口通り南東角少し下る
http://kitchen-halina.net//
intro_halina.jpg topimg.jpg img4337d02e8ce79.jpg



Posted at 22:37 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2010.02.18

ヤンググラス7周年コンサートのポスター

押入れの整理をしていたらなつかしい物が出てきた。
「フォーク集団ヤンググラス」の7周年コンサートのポスター。
7周年というと、1978年の事だ。
会場は京都教育文化センター。
ポスターを書いたのは多分、秋山プー氏であろう。
年末のハリーナ歌フォー酒場に初めて参加してくれたんNさんが、「大好きな歌です」と言って歌ってくれたのが、秋山プー氏の「未(あした)来」。
30年前の曲が今でも知らない所で歌い継がれている。
若い日に苦労を共にした仲間たちの顔や彼らの歌が浮かんでは消えていく。

♪~今 君といる~♪
2010_02180013a.jpg

Posted at 01:05 | 音楽 | COM(0) | TB(0) |
2010.02.15

観阿弥の生きた時代

「劇団わらび座」が劇団創立60周年記念作品として、観阿弥の人生をミュージカル化した歌舞ロマン「カンアミ伝」の公演を行い、5月22日(土)、23日(日)には京都で全国公演初日を行う。
http://www.warabi.jp/kan-ami/

そのプレイベントとして学習会「観阿弥の生きた時代」が2月20日(土)に京都教育文化センターで開催される。
内容は、劇団わらび座の椿康寛氏と関西勤労者教育協会講師の中田進氏の講演を中心に、学習と交流の場にしていこうというもの。

学習会を主催しているミレー学校のNさんから、そのプレイベントのみんなで歌うコーナーのギター伴奏を頼まれた。
とても興味深い内容で二つ返事で了解、楽しみである。

File0119.jpg  
学習会「観阿弥の生きた時代」
日時:2010年2月20日(土)18時~
場所:京都教育文化センター 
   〒606-8397 京都市左京区聖護院川原町4-13 TEL 075-771-4221 
   http://www2.odn.ne.jp/kyobun/
内容:椿康寛(劇団わらび座)
    「観阿弥・世阿弥は今も私達の生活の中に生きている」
   中田進(関西勤労者教育協会講師)
    「中世という時代について」
参加費:1000円(お茶・コーヒー・菓子・資料代含む)
主催:ミレー学校事務局
kyobun_1.jpg


Posted at 22:42 | 音楽 | COM(0) | TB(0) |
2010.02.15

「はつ菜、ヤア、ヤア」

土曜日の夜はキッチンハリーナの歌フォー酒場。
オープニングライブは楠木しんちゃんのお嬢さんの宮本はつ菜さんが初出演という事もあって大盛況。
そんな中、ギターを抱えたはつ菜さんは一言一言丁寧に自分の言葉を発していく。
自分の思いを伝えたいという気持ちがひしひしと伝わる良いステージであった。

楠木しんちゃんがまだ赤ちゃんだったはつ菜さんを抱いてアザーサイドのステージに立ち「はつ菜、ヤア、ヤア」を歌い、はつ菜さんの手には小さなおもちゃのマラカスが・・・。あれから19年、こんな立派な娘さんに成長した。
自分の事のように嬉しいものである。

二部の歌フォー酒場、今回は初参加の人も多く、歌いたいという人の思いを受け止めてあげられたらと思った。
CDの最終打ち合わせを終えた藤村氏とちょうさんも遅れて参加。
最後はみんなで「君こそは友」を歌う。
CD「君こそは友」は3月20日に完成予定である。
Posted at 00:59 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2010.02.13

録音

昨晩、「君こそは友」の歌の最終録音に行って来た。
半年ほど前にレコーディングしていたのだが、最終ミックスダウン段階になって、気になる所があるというというので、ヴォーカルのみ取り直し。
ディレクターのちょうさんの指示に従って、マイクの前に立つ。歌う時の悪い癖で、身体が前後左右にゆれて、ドップラー効果のようになっているというので何度か録り直し。しかし、直立不動だと思うように歌えない。
何度か歌って、聞き直して、OKが出たのは1時間後。
あれから随分歌いこんでいたので、聞き比べてみるとのびのびと歌えた感じがする。半年前と節回しが若干変わっている事にも気がついた。

「君こそは友」は藤村直樹氏の新作CDである。歌のテーマ通り、この曲を仲間たちみんなで歌い広めて行かないかということで、藤村氏の趣旨に賛同するミュージシャンたちがライブ等で歌い、さらに録音して一つのCDにして行こうという事になった。
それぞれのミュージシャンが、それぞれの思いをこめて、それぞれのアレンジで歌っている。
元々はカーターファミリーも曲なのだが、ジャグバンドやブルーグラス、ラグタイム、ブルースなど表現方法は様々である。僕はギターとハーモニカによる弾き語り。
同じ曲が、アレンジや歌い方でここまで変わるのかという聞き比べの楽しみも味わえる。

完成まであとわずか。楽しみは尽きない。
Posted at 10:02 | 音楽 | COM(0) | TB(0) |
2010.02.09

2/13(土) ハリーナ歌フォー酒場

2月のハリーナ歌フォー酒場は、今週の土曜日に開催します。
今月のオープニングライブは、期待の新人「宮本はつ菜」さん。
京都出身、フォークシンガー・楠木しんいち氏の一人娘であるはつ菜さんは父やその仲間たちの歌を聞き、生き様を見ながら育ってきた。
そんな彼女がギターを手に取り、歌いだしたのはごく自然な成り行きであったであろう。
僕は彼女が生まれた頃から知っているが、ライブを聞くのは初めてである。
どんな歌を歌ってくれるのだろう、楠木しんちゃんとの親子共演も楽しみである。


topimg.jpg   intro_halina.jpg


2/13(土) 
「ハリーナ歌声フォーク酒場」

第1部 19時~ 宮本はつ菜 ライブ (チャージ投げ銭)

第2部 20時~ 歌声フォーク酒場
         司会進行&ギター伴奏  楠木しんいち  三島邦生
参加費 500円(+オーダー)

場所 キッチン&カフェ・ハリーナ
(℡075-724-3568)

img4337d02e8ce79.jpg

京都市左京区・東大路東鞍馬口通り南東角少し下る
http://kitchen-halina.net//
Posted at 22:11 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2010.02.08

アコシャンの夜

金曜日の夜、アコシャンで楠木しんちゃんとのライブ。
交代で一曲ずつ歌い、相手の曲の時にはバッキング。
相手が歌った曲のあとを受けて次の曲を考えるという構成。
もう何十回も一緒にライブをしてきた仲ではあるが、初めて聞く曲もあったりして、とても面白い。

二部はお客さんの歌うフォーク酒場。
歌う気満々でやってくるお客さんたちが集まる「キッチンハリーナ」と違い、みんな遠慮をしがちなのでなかなか手を上げようとせず、戸惑いがちなな始まりであったが、それでも雰囲気に慣れてきたのか、時間と共に盛り上がり、エンドレスな真夜中を迎えたのであった。
オリジナルの紙芝居から演歌まで、何でもござれのフォーク酒場であった。
キッチンハリーナでの歌声フォーク酒場は、今週の土曜日に開催予定である。


昨夜は、アコシャンのオーナーのお嬢さんの結婚披露パーティ。
打ち上げのギター弾きを頼まれ、アコシャンへ。
主役たちが帰ったあとは常連たちが飲んでいる。
オーナーからみんなで歌える歌をと請われ、何曲かシングアウト。

今年39周年を迎えるアコシャン。
娘たちも片付いてひと段落、まだまだこれからです。
Posted at 09:00 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
2010.02.01

2/5(金) アコシャン ライブ&歌フォー酒場

今週の金曜日、いつもお世話になっているアコシャンで楠木しんいち氏とライブイベントをします。
開演は8時から。一時間ほど二人でのライブ。
後半は歌声酒場になります。
キッチンハリーナの歌フォー酒場と同じく、お客さんの飛び入りライブです。
ピアノやギターを使っての弾き語りをどうぞ。伴奏も引き受けます。

bar005.jpg    pic_3.jpg


2/5(金)
アコシャン ライブ&歌フォー酒場

20時~ 楠木しんいち&三島邦生(投げ銭)LIVE

21時~ 歌声酒場inアコシャン
司会進行&ギター伴奏  楠木しんいち  三島邦生

MAP.jpg

場所 アコシャン(修学院)
〒606-8003
京都市左京区山端川原町20-8
Tel (050)7103-2233
http://www.eonet.ne.jp/~winebar-akoshan/bar.html
Posted at 22:36 | ライブ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。