--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.08.28

「Corps flottants」(1997)

 ロベール・カエン0 
20年ほど前の話、関西日仏学館に勤めていた友人から連絡があって、フランスの映像作家のRobert Cahen(ロベール・カエン)氏が日本で作品を作るのに協力してくれないかとの事。

仕事内容は運転手兼通訳で、宿の手配や案内をしたり、撮影許可を頼んだり、役者への演技指導の通訳という事であった。

Cahen氏は夏目漱石が好きで、「草枕」をイメージした日本の田舎の田園風景と温泉のシーンを撮りたいとのこと。当時の日仏学館の館長とも相談して岡山にロケ先を決めた。

ところが、実際にCahen氏と打ち合わせてみると、話が違っていて役者は雇わないとのこと。イメージシーンが中心でせりふもなく、田んぼの中を歩いたり眠っていたり温泉に浸かっているだけだから、通訳の必要な役者よりも直接話が出来る人のほうが都合が良いから君が演りたまえ、という事で、運転手から主演へと格上げされる事になった。

このようにして、Cahen監督他5人のスタッフで10日間の撮影旅行の後に出来上がった作品が短編映画「Corps Flottants」である。
  ロベール・カエン1
もともと、この作品のスポンサーはフランスとドイツの共同出資の公共放送のARTE(アルテ)というテレビ局で、番組用の短編作品だったようである。
完成後、無事にフランスとドイツで放送されたらしい。
日仏学館での完成試写会には参加したのだが、なんとも不思議な内容で、撮影に最初から最後までかかわった僕が見てもちんぷんかんぷん。
 ロベール・カエン3 ロベール・カエン2 
出来上がった作品のビデオは監督から頂いたのだが、いつの間にか行方不明になってしまい、もう見られないかと思っていたら、ネット動画に上がっていた。
(以下のページで見られる)
https://vimeo.com/145272779

久々に見返してみると、なんとも懐かしい。
もう一度、あの場所に行ってみたくなってきた。
 ロベール・カエン4 ロベール・カエン5
「Corps flottants」(1997)
Directed by:Robert Cahen
Written by:Robert Cahen (writer)
Cast; Kunio Mishima  Mayumi Toda

https://vimeo.com/145272779

スポンサーサイト
Posted at 16:29 | 映画 | COM(0) | TB(0) |
2012.12.16

映画「ひまわり~沖縄は忘れない、あの日の空を~」試写会

以前、製作・上映準備会に参加した映画「ひまわり~沖縄は忘れない、あの日の空を~」が無事完成。
以前の記事はこちら
http://onajitokiwosugoshi.blog122.fc2.com/blog-entry-390.html
   main.jpg
試写会に行ってきた。
場所は歴史的にも沖縄ととても関係の深い檀王法林寺内にあるだん王保育園のホール。
   001_20121216214946.jpg
京都映画センター主催で京都沖縄県人会の人たちを中心に20名ほどが参加。

1959年6月、沖縄・宮森小学校に米軍ジェット機が炎上墜落し、学童11名、近隣住民6名が犠牲となった大惨事を題材とする壮大な人間ドラマを映画化!
基地あるかぎり、沖縄の悲しみは終わらない~
(公式ホームページより) http://www.ggvp.net/himawari/
   20121120115249_00001.jpg
監督:及川善弘

出演:長塚京三、須賀健太、能年玲奈、福田沙紀、鈴木裕樹、金森喜祐、神谷優羽雅、兼城夏穂、ヒガリノ、
徳元裕矢、戸井智恵美、河口明里、小林優斗、綾田俊樹、 吉田妙子、北島角子、八木政男 ほか

主題歌:「ひまわり」 Civilian Skunk
Posted at 22:00 | 映画 | COM(2) | TB(0) |
2012.08.27

映画「ひまわり~沖縄は忘れない、あの日の空を~」製作支援準備会

昨日、友人から誘われてある映画の製作・上映に向けての準備会に参加してきた。
   img108.jpg
京都映画センターやミレー学校、京都沖縄県人会のメンバーたちが集まり、この映画の舞台となった事件の学習会、沖縄での製作の様子等の報告など。
その後、最後に友人と一緒に「じゃんけん~グーチョキパーの歌」などを歌ってきた。

1959年6月、沖縄・宮森小学校に米軍ジェット機が炎上墜落し、学童11名、近隣住民6名が犠牲となった大惨事を題材とする壮大な人間ドラマを映画化!
基地あるかぎり、沖縄の悲しみは終わらない。
   img110.jpg   img111.jpg
監督:及川善弘
出演:長塚京三、須賀健太、能年玲奈、福田沙紀、鈴木裕樹、金森喜祐、神谷優羽雅、兼城夏穂、北島角子ほか

2013年1月より 全国公開予定
http://www.ggvp.net/himawari/
http://www.ggvp.net/himawari/agency.html

Posted at 08:23 | 映画 | COM(0) | TB(0) |
2012.05.25

どん底ハウスで大江君とばったり

6月3日(日)は河原町二条のどん底ハウスでライブ。

Mさんに急遽バイオリンを手伝ってもらうことになったので、お店の雰囲気を見てもらうために昨夜の飛び入りライブに行く。
どん底という名前ながら、エレベーターで最上階の5階に上がりお店の扉を開けると、今度のライブで競演する大江マサキ君が座っていた。
ライブの打ち合わせで連絡を取りたかったので丁度よかった。
飛び入りライブが始まる前に軽く打ち合わせ、バイオリンのMさんを紹介する。

大江君のうたを聴かせてもらう。しばらくライブを休んでいて、久々ということでとても気合が入っている。とても新鮮な気持ちになる。これは負けていられない。
   006_20120525013442.jpg
次いで僕たち。バイオリンの生音の響きの中で歌うのが楽しい。
   mishima_san2.jpg
写真は大江君のホームページから。

砂布氏も来ていて、一通り終わった後は何曲かセッションをする。

6月3日のライブは、古くからの音楽仲間、そして出会ったばかりの人と一緒に作りあげていく。
このような出会いを積み重ねていきたい。
   大江マサキ
6/3(日)どん底ハウスライブ

日  時  6月3日(日)  18:30開場 19:30~開演

出  演  三島 邦生 
       大江マサキ
        http://www016.upp.so-net.ne.jp/ProjectMasaki/index.html

チャージ 1000円 (ドリンク別)

場  所 どん底ハウス
     京都市中京区河原町二条上ル清水町362 ジョイビル5F
     (地下鉄東西線京都市役所前 ゼスト御池出口より河原町通を北に徒歩5分)
     TEL:075-256-5259
     http://donzokohouse.web.fc2.com/
     http://mixi.jp/view_community.pl?id=5428782

Posted at 01:36 | 映画 | COM(2) | TB(0) |
2011.07.16

小笠原が世界遺産に

小笠原諸島が世界遺産に登録された。

小笠原は大陸と地続きになったことがなく、風や海流、鳥に運ばれて偶然たどり着いた生物が独自の進化を遂げたことから「東洋のガラパゴス」に例えられる。
江戸時代まで無人島だった事、現在の交通手段も飛行機がなく6日に一回出ている船で丸一日以上かけて行かねばならないという不便さも、環境保全に役立っていたと思う。

そんなわけで小笠原に行くのは最低6日間が必要である。
1日目:10:00 東京より乗船
2日目:11:30 小笠原・父島着
3日目
4日目
5日目:14:00 父島発
6日目:15:30 東京着
しかも天候によって、出発を繰り上げたり遅らしたりすることも多いので注意が必要なのである。

そんなスケジュールの中、ほとんどの人が同じスケジュールで動き、島内は観光客のいる賑やかな3日と彼らが船に乗っていなくなった静かな3日が交互に繰り返されている。
つまり、小笠原の魅力を味わうなら両方の島を見るため、最低12日のスケジュールが必要である。

このたび世界遺産になった事で生じる観光客の増加や、ここでも問題になっている外来種のこと、賛否両論がある飛行場の事など、島を守っていくために更なる努力が必要である。


僕が小笠原に行ったのは1994年の3月末から4月の半ばまでの3週間。
たまたまその時、映画の撮影隊が来ていて、小笠原丸から下船する観光客達と、船が出発するシーンを撮るために島中にエキストラ動員の依頼が回ってきた。

僕も興味本位で出かけ、みんなと一緒に荷物を持って船に乗り込もうとすると、監督から直々に声がかけられた。

「そこの君、君は悪いけどやめてくれ。君はどう見ても都会から島にやってきた人には見えないよ」

確かに、小笠原に着てからまだ一週間しかたっていないのだが、すでに真っ黒に日焼けし、長髪にヒゲ面、監督の言うのももっともである。

残念・・!と思っていたらさらに監督さんの一言。

「君はこっちに来て、民宿の出迎えの人をやってくれ」

というわけで、小学校の先生役の高樹澪さんや漁師役の天宮良さんと並んで手を振ることになった。

そして出来上がった映画がこれ。
File0008_20110716120902.jpg   File0009.jpg
おかげで数秒だけど本編でもばっちり映っていた。

さらに発売されたビデオを見てさらに驚き。
パッケージの裏にその時のシーンが写っている。俳優さんたちに混じって・・・。
407183595_175_20110716120747.jpg
小笠原旅行のよい思い出になった。
しかしこの映画、残念ながらあまりヒットしなかったみたいで、いまだにDVD化されていないようである。
       
「イルカに逢える日」
製作=イルカプロジェクト=ビッグウエスト=ヒーロー 
配給=ヒーロー
1994.11.05 
96分 カラー ワイド
------------------------------------------------------
企画製作:須崎一夫 大西加紋 末吉博義
エクゼクティブ・プロデューサー:玉川長太
プロデューサー:中井園仁
監督:和泉聖治
脚本:中岡京平
撮影:杉村博章
音楽:井上堯之
美術:吉川康美
録音:井上孝雄
照明:金澤正紀
編集:福田憲二
出演:小松千春 松岡俊介 洞口依子 高樹澪 袴田吉彦 天宮良 ジュリアン・マーレー 田中邦衛 南野陽子 布施博

Posted at 12:10 | 映画 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。